ジャン=ルネ・リスナール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャン=ルネ・リスナール
Jean-René Lisnard
Tennis pictogram.svg
Jean Rene Lisnard.JPG
ジャン=ルネ・リスナール
基本情報
フルネーム Jean-René Raymond Lisnard
国籍 フランスの旗 フランス
モナコの旗 モナコ
出身地 フランスの旗 カンヌ
居住地 モナコの旗 モンテカルロ
生年月日 (1979-09-25) 1979年9月25日(38歳)
身長 173cm
体重 68kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1997年
引退年 2013年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 58勝105敗
シングルス 52勝87敗
ダブルス 6勝18敗
生涯獲得賞金 $1,142,109
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦 (2005)
全仏 2回戦 (2001・03)
全英 2回戦 (2005)
全米 2回戦 (2002・03・11)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 2回戦 (1999・2000)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 84位 (2003年1月27日)
ダブルス 171位 (2007年9月10日)

ジャン=ルネ・レモン・リスナールJean-René Raymond Lisnard, 1979年9月25日 - )は、フランスカンヌ出身の男子プロテニス選手ランキング自己最高位はシングルス84位、ダブルス171位。現時点では、ATPツアーでシングルス・ダブルスともに決勝進出はない。身長173cm、体重68kg。右利き。元々はフランス国籍の選手として活動していたがプロ転向後はモナコに国籍を移している選手である。

来歴[編集]

理学療法士の父と料理教師の母の間に3人兄弟の長男として生まれたリスナールは6歳からテニスを始め、1997年プロ入り。ジュニア時代にはフランスミカエル・ロドラと組んで出場した1997年全米オープンジュニアダブルス部門で準優勝を遂げている。

プロ入り後は100位台での停滞が長く中々勝ちきれない時期が続いたが、2002年ATPチャレンジャーツアーで3度の準優勝を果たし勢いに乗ると2003年にはシングルス自己最高の84位をマークした。

4大大会では2005年全豪オープン男子シングルスの3回戦進出が最高成績である。予選から勝ち上がったリスナールは2回戦で、第14シードのセバスチャン・グロジャンに1-6, 4-6, 6-3, 6-4, 6-3の逆転で勝利した。3回戦ではフィリップ・コールシュライバーに5-7, 3-6, 2-6で敗れている。

モナコ公国はテニス選手を始め多くの富裕な有名人が居を構えている保養地としても知られるが、逆にモナコ国籍で国際的な活躍を果たしたスポーツ選手はモータースポーツ界のルイ・シロンを筆頭に数える程しかいない。そんな中、リスナールはモナコのナンバー1選手として活躍を続けていたが、2013年4月のデビスカップを最後に公式戦出場が途絶えている。

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 通算成績
全豪オープン A A LQ 1R A 2R 1R 3R 1R LQ A LQ A LQ 3–5
全仏オープン LQ 1R 1R 2R 1R 2R 1R 1R LQ A 1R 1R A LQ 2–9
ウィンブルドン A A A A A 1R A 2R A A LQ LQ A LQ 1–2
全米オープン A LQ LQ A 2R 2R A LQ LQ A A A A 2R 3–3

外部リンク[編集]