ジャマイカ労働党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャマイカの旗 ジャマイカの政党
ジャマイカ労働党
Jamaica Labour Party(JLP)
JLP Logo jamaica.jpg
自由の鐘と緑色
党首 アンドリュー・ホルネス
議長 ロバート・モンタギュー
成立年月日 1943年
本部所在地 ジャマイカの旗 ジャマイカキングストン
下院
32 / 63   (51%)
(2016年9月13日)
政治的思想・立場 中道右派
保守
中道
公式サイト ジャマイカ労働党
国際組織 国際民主同盟
テンプレートを表示

ジャマイカ労働党(ジャマイカろうどうとう、Jamaica Labour PartyJLP)は、ジャマイカ政党である。同党は選挙のシンボルとして、自由の鐘と緑の色を用いる。

現在は保守中道右派のスタンスを取っているが、元々はバスタマンテ産業労働組合の政治一派として、アレクサンダー・バスタマンテによって1943年に創設された党で1962年のジャマイカ独立から1972年までと、1980年から1989年まで政権を握った。

バスタマンテは創設から1964年まで党を率いて、政治への積極的な参加を辞退するが、その後数年党首の地位を放棄しなかった。1972年の選挙での敗北の後、党はドナルド・サングスター1967年まで率いられ、その後ヒュー・シアラーが、1974年まで党首を務めた。

2002年8月16日に行われた選挙において、同党は47.2%の票を得て、ジャマイカの下院の60議席中26議席を確保した。1974年から2004年まで党を率いたエドワード・シアガが2004年に引退し、中道として知られる人物、ブルース・ゴールディングに引き継がれた。

2007年9月3日に行われた選挙において、同党は下院の60議席中33議席を確保し勝利した。この総選挙の勝利を受けて、ブルース・ゴールディングが2007年9月11日にジャマイカ首相に就任した。

2011年にゴールディングは党首と首相職から退き、アンドリュー・ホルネスが後を引きついだ。同年12月29日に行われた選挙において、同党は下院の63議席中21議席を確保するにとどまり敗北した。

2016年2月25日に行われた選挙において、同党は下院の63議席中32議席を獲得し勝利した。この結果、同年3月3日にホルネスが首相に復帰した[1]

歴代党首[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Holness Sworn In As PM, Takes 'The Most Honourable' Title. 3 March 2016. Accessed 3 March 2016.