ジャックス・マネキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jack's Mannequin
Jacks Mannequin at the 930 Club In DC.JPG
2012年2月、ワシントンD.C.でのライヴ
基本情報
出身地 U.S. flag アメリカ合衆国カリフォルニア州オレンジ郡
ジャンル ロックピアノ・ロック
活動期間 2004年-2012年
レーベル サイアー・レコード
共同作業者 サムシング・コーポレイト
公式サイト JacksMannequin.com
メンバー アンドリュー・マクマホン
ボビー・アンダーソン
ジェイ・マクミラン
ジョナサン・サリヴァン

ジャックス・マネキン (Jack's Mannequin) はカリフォルニア州オレンジ郡出身のロックバンド

アンドリュー・マクマホンによるソロ・プロジェクトとして2004年に活動を開始した。2005年6月、マクマホンは急性リンパ性白血病 (ALL) と診断されたが、完全に回復した後の同年8月にリリースされたデビューアルバム 「Everything in Transit」は、ファンと評論家によって好意的に受けとめられた。当初はマーヴェリック・レコード、後にサイアー・レコードと契約している。

バンドは「Wrecking Ball Heart」を最後の曲としてリリースし、2012年に解散をした。

略歴[編集]

アンドリュー・マクマホンは、カリフォルニアのロック・バンド「サムシング・コーポレイト (Something Corporate)」のリード・ヴォーカリスト兼ピアニストとして、商業音楽の世界に足を踏み入れた。

マクマホンのソロ・プロジェクトである「ジャックス・マネキン」を開始する最初の契機となったのは、2003年12月に録音した曲「ロックト・ドアズ (Locked Doors)」であった。マクマホンは、この曲がそれ以前のサムシング・コーポレイトによる曲とはあまりに異なっていると感じ、仮にリリースするのであれば、サムシング・コーポレイトとしてではなく、(個人名義での)ソロ・アルバムになるだろうと思った [1]。しばらくの間、このアイディアはとっぴな思いつきに過ぎなかったが、2004年の晩夏、マクマホンとバンド仲間たちが何ヶ月にも渡るツアーに疲れ切ったときに状況は変化した。いったん活動を休止しようということになり、空いた時間を利用して、マクマホンはHidden in Plain ViewLife in Dreaming に1曲、トミー・リーTommyland: The Ride に2曲を書いた。

サムシング・コーポレイトにおける別の作曲者と、リード・ギタリストのジョシュ・パーティントンがファイアスケープ (Firescape) と呼ぶサイド・プロジェクトを開始する一方で、マクマホンも自分のための曲を書き始めたが、彼は曲を売りに出すつもりはなかった。「癒し」的なアプローチで書かれたこれらの曲は、個人的・私的な、自身の作曲の証とでもいうべきものであった。あるインタビューの中で、(もしも、アルバムEverything in Transitを小説として書くならばどうなるか、という問に対する答として)「究極的には、うちへ帰ってみたら覚えていたのと全然違っていた、っていうお話なんだ。[中略] ふだん、とっても密接に関係していた人や物から離れることで、自分を動かしてるものがいったいなんなのかってことを、自分自身の頭で考えて理解する機会を得られる。 [中略] 自分探しであり、今の自分でいいんだってことでもある。今の自分について言い訳をする必要はなくて、今ある自分を受け入れればいいんだってこと」と述べている(原文は英語) [2]。録音するかどうかについてマクマホン自身は考え中であったが、書かれた曲はまとまると形を成し始めた。彼はポケット・マネーからアルバムの製作費を捻出したが、後にはレコード会社との契約へと繋がることになる。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Everything in Transit (2005年)- アメリカ最高37位
  • The Glass Passenger (2008年)- アメリカ最高8位
  • People and Things (2011年)- アメリカ最高9位

ライブアルバム[編集]

  • Jack's Mannequin Live from The El Rey Theatre (2013年)

シングル[編集]

  • The Mixed Tape (2005年)
  • Dark Blue (2005年)
  • The Lights and Buzz (2005年)
  • La La Lie (2006年)
  • The Resolution (2008年)
  • Swim (2009年)
  • Dear Jack (2009年)
  • My Racing Thoughts (2011年)
  • Release Me (2011年)

アルバム未収録曲[編集]

  • "Lonely for Her" - iTunes Store版の Everything in Transit に収録(2005年)
  • "The Lights and Buzz" - iTunes storeでダウンロード販売(2005年)
  • "Meet Me at My Window" - Sound of Superman に収録(2006年)
  • "Last Straw, AZ" - Everything in Transit の再発盤を予約購入の際に無料でダウンロードできた(2006年)

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Interview with Andrew McMahon(英語)”. SoCo-Online. 2005年7月31日閲覧。
  2. ^ Andrew McMahon (Jack's Mannequin)(英語)”. For The Sound. 2006年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]