ジェヒュー・ゴードン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェヒュー・ゴードン
Jehue Gordon
Portal:陸上競技
Jehue Gordon Moscow 2013.jpg
選手情報
国籍 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ
競技 陸上競技
種目 400メートルハードル
生年月日 (1991-12-15) 1991年12月15日(25歳)
身長 1.90 m (6 ft 3 in)
体重 80 kg (176 lb)
自己ベスト

400 m: 46秒43(2010年)

400 mH: 47秒69(2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジェヒュー・ゴードン(Jehue Gordon、1991年12月15日 - )は、400メートルハードルを専門とするトリニダード・トバゴ陸上競技選手2010年6月24日にプロ選手に転向し[1]、同年8月にアディダスと契約した[2]

国際大会への出場は、兄弟で出場した16歳の時の2008年世界ジュニア陸上競技選手権大会が最初であり、準決勝で5位に入った。同年のCARIFTA競技大会英語版では銅メダルを獲得、翌2009年には50秒01の大会新記録を樹立して金メダルを獲得した[3]。続いて中米カリブ選手権英語版では49秒45に記録を伸ばし、銅メダル[4]パンアメリカンジュニア選手権英語版銀メダルに輝いた。

2009年世界選手権では、予選で17歳の世界記録とトリニダード・トバゴ記録を塗り替える48秒66を叩き出して周囲を驚かせた[5]。準決勝も突破し、決勝で48秒26をマークして再びトリニダード・トバゴ記録を更新して4位に入賞した[6]国際陸上競技連盟(IAAF)は2009年シーズンを振り返って、ゴードンの飛躍を称賛し、将来が楽しみ出ると評した[7]。2010年シーズンはCARIFTA競技大会で400mハードルと110mハードルの2冠で幕を開けた[8]。このとき両種目の大会新記録も樹立し、同大会の最優秀選手に贈られるオースティン・シーリートロフィーを受賞した。

ロンドンオリンピックでは、48秒86で6位に入賞した[9]2013年世界選手権では当季世界最高記録の47秒69で優勝、トリニダード・トバゴ勢としてはアト・ボルドン以来の金メダルに輝いた[10]

主な競技成績[編集]

大会 開催地 順位 種目 記録
トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ代表
2008 CARIFTA競技大会(U-20) セントクリストファー・ネイビスの旗 セントクリストファー・ネイビス バセテール 3位 400mH 53.18
2009 CARIFTA競技大会(U-20) セントルシアの旗 セントルシア ヴューフォート英語版 1位 110mH 13.86(0.7 m/s
1位 400mH 50.01 CR
1位 4x400mR 3:10.20
世界選手権 ギリシャの旗 ギリシャ ベルリン 4位 400mH 48.26 NR
2010 CARIFTA競技大会(U-20) ケイマン諸島の旗 ケイマン諸島 ジョージタウン 1位 110mH 13.41 CR(1.3 m/s)
1位 400mH 49.76 CR
3位 4x400mR 3:11.59
中米カリブ選手権(U-20) ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国 サントドミンゴ 1位 400mH 50.26 CR
1位 4x400mR 3:08.19
2012 オリンピック イギリスの旗 イギリス ロンドン 6位 400mH 48.86
2013 世界選手権 ロシアの旗 ロシア モスクワ 1位 400mH 47.69 WL

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

脚注[編集]

  1. ^ Jehue Gordon Turns Professional”. HSInternational: News and Announcements (2010年6月24日). 2012年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月1日閲覧。
  2. ^ Laurence, Kwame (2010年8月5日). “Gordon signs with adidas”. Trinidad Express. http://www.trinidadexpress.com/sports/100002834.html 2013年12月1日閲覧。 
  3. ^ Finisterre, Terry (2009年4月13日). “More records fall in 2009 CARIFTA Games – Day 3”. IAAF. 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  4. ^ Clavelo Robinson, Javier (2009年7月6日). “Culson prevails over Sanchez as six more records fall – CAC Champs Final Day”. IAAF. 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  5. ^ Mulkeen, Jon (2009年8月15日). “Event Report – Men's 400m Hurdles – Heats”. 2012年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  6. ^ Mulkeen, Jon (2009年8月18日). “Event Report – Men's 400m Hurdles – Final”. IAAF. 2014年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  7. ^ A. Lennart Julin and Mirko Jalava (2009年12月24日). “2009 – End of Year Reviews – HURDLES”. IAAF. 2012年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  8. ^ Clarke, Clayton (2010年3月15日). “Gordon takes hurdles double at Trinidad & Tobago Carifta Trials”. IAAF. 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  9. ^ 400 Metres Hurdles - Men”. london2012. 2013年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。
  10. ^ ゴードン、ボルドン以来の世界王者/世界陸上”. サンケイスポーツ (2013年8月16日). 2014年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]