ジェスフィールド76号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェスフィールド76号(極司非爾路76號)は、日中戦争下の上海日本軍によって設立された対重慶特務工作機関。後に汪兆銘政権が樹立されると、正式な政府機関となり、国民党中央委員会特務委員会特工総部と称した。

概要[編集]

Ding Mocun2.jpg Li Shiqun.jpg
丁黙邨(左)と李士群(右)

日中戦争下の上海では、藍衣社CC団による抗日テロが頻発しており、対応に苦慮した日本軍当局は、1939年、親日派中国人による取締機関を設立する。本部が共同租界のジェスフィールド路76号にあったことから、その住所がそのまま呼称となった。元国民党特務の経歴を持つ丁黙邨主任、李士群副主任(後に主任)らの敏腕によってテロリストを次々と粛清し、重慶側工作員に恐れられた。

1943年9月に李主任が毒殺されると後継者争いが激化したため、汪政権の最高軍事顧問松井太久郎中将は、李が部長を務めた調査統計部を政治部(部長:黄自強)に改編し、特工総部も政治保衛局(局長:万里浪)に改編された。

機構[編集]

  • 機要処
  • 総務処
  • 情報処
  • 電務処
  • 無線電偵察総台
  • 督察室
  • 審訊室
  • 化験室
  • 専員室
  • 看守所
  • 警衛総隊
    • 行動大隊 x 20個以上

その外、南京区、杭州区、華南区、江蘇区、日警区、武漢区、安徽区、上海区に支部を設置。

歴代主任[編集]

  1. 丁黙邨(1939年5月~1940年3月)
  2. 李士群(1940年3月~1943年9月)

参考文献[編集]

  • 「中国秘密戦」 郝在今 著 作家出版社 2005年 ISBN 7-5063-3113-6
  • 「上海テロ工作76号」 晴気 慶胤 著  毎日新聞社 1980年 ASIN B000J88W3A

関連項目[編集]

外部リンク[編集]