ジェイムズ・アベグレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・アベグレンJames Christian Abegglen1926年 - 2007年5月2日)は、アメリカ経営学者経済学者。日本企業の経営手法を「日本的経営」として分析し、戦後の日本の企業の発展の源泉が、「終身雇用」、「年功序列」、「企業内組合」にあることをつきとめた。また、「終身雇用」という言葉の生みの親として知られる。

プロフィール[編集]

ミシガン州生まれ。シカゴ大学卒業。第二次世界大戦ではアメリカ軍の兵士として、ガダルカナル島硫黄島で戦い、戦後、米国戦略爆撃調査団のメンバーとして広島に赴く。

フォード財団の研究員として1950年代半ばに米国から来日。終身雇用や年功序列などについて解説した著書「日本の経営」(1958年ダイヤモンド社)がベストセラーになった。1963年ボストン・コンサルティング・グループ設立に参加、主に日本事業を担当。翌1966年ボストン・コンサルティング・グループ日本支社を設立し、初代代表をつとめる。

1982年から日本永住、1997年に日本国籍取得。上智大教授やアジア・アドバイザリー・サービス会長等を歴任。晩年は、米国籍を棄て、日本人の妻と東京都内で暮らした。2006年グロービス経営大学院大学の名誉学長に就任。「日本企業経営」のクラスで教鞭をとる。2007年5月2日、ガンのため死去。

日本語訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本の経営』(ダイヤモンド社, 1958年/新版, 1974年/新訳版, 日本経済新聞社, 2004年)
  • 『ワールドビジネスの経営戦略』(産業能率短期大学出版部, 1968年)
  • 『日本の企業社会』(晃洋書房, 1989年)
  • 『東アジア巨大市場――日本は「脱米入亜」に舵を取れ』(TBSブリタニカ, 1994年)
  • 『新・日本の経営』(日本経済新聞社, 2004年)

共著[編集]

  • (W・L・ウォーナー)『大企業の指導者たち』(ダイヤモンド社, 1958年)
  • (ジョージ・ストーク)『カイシャ――次代を創るダイナミズム 』(講談社, 1986年/講談社文庫, 1990年)

共編著[編集]

  • (ボストン・コンサルティング・グループ)『ポートフォリオ戦略――再成長への挑戦』(プレジデント社, 1977年)
  • (NHK取材班)『日本解剖――経済大国の源泉(全6巻)』(日本放送出版協会, 1987年)
  • 内野達郎)『転機に立つ日本型企業経営』(中央経済社, 1988年)