シーネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シーネス
Sines houses.JPG
Pt-sns3.png SNS1.png
LocalSines.svg
所属する県 セトゥーバル県
面積 198.97 km²
人口 18,598人
人口密度 68.2人/km²
所属する教区数 2
自治体首長 {{{presidente}}}
住民呼称 {{{gentílico}}}
都市の休日 11月24日

シネスは、約18298人の住民(2015 INE)で、セトゥーバル地区、アレンテージョの海岸のアレンテージョ領域とサブ領域のポルトガルの都市です。最大のポルトガルの第1ポートエリアとポルトガルの主要都市工業港の物流、バスコ·ダ·ガマの発祥の地を探す。これは、2つの教区に分かれ203.30キロの領域の²と18598人の住民(2015 INE)と市町村の席です。自治体はOdemiraのことでCacém、南と西は大西洋上の海岸線を持っているんサンティアゴの市町村によって北と東に隣接している。市の海岸線、サンTorpesの南には、南西アレンテージョコスタVicentinaのの自然公園の一部です。

歴史[編集]

シーネス地域には、ローマ西ゴート王国ヴァンダル族の痕跡が残る。

レコンキスタさなかの1217年、サンティアゴ・ド・カセンに本拠を置くポルトガルのサンティアゴ騎士団にシーネスが委ねられた。1362年、ポルトガル王ペドロ1世によって憲章が授けられ、1512年には新たな憲章がマヌエル1世から授けられた。

1460年代に、航海者ヴァスコ・ダ・ガマはシーネスで誕生した。

1834年、廃位されたミゲル1世はシーネスからオーストリアへ亡命した。

シーネスの近代史は、商業港が建設されて大型船が入港できるようになって始まった。1971年以降、産業の発展(石油化学工業など)と人口の増加が顕著になった。1997年には都市に昇格した。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]