シルニジピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シルニジピン
Cilnidipine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Atelec (アテレック), Cilogard
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
法的規制
投与方法 経口
薬物動態データ
代謝
識別
CAS番号
132203-70-4
ATCコード C08CA14 (WHO)
PubChem CID: 5282138
IUPHAR/BPS 7767
ChemSpider 4445338
UNII 97T5AZ1JIP チェック
KEGG D01173
化学的データ
化学式 C27H28N2O7
分子量 492.52 g/mol

シルニジピン(Cilnidipine)とは カルシウム拮抗薬のひとつで高血圧症治療薬のこと。日本ではアテレック錠の商品名で持田製薬から発売されている[1]インドでは、Cilacar の商品名で販売されている。

シルニジピンは他のカルシウム拮抗薬同様にL-型カルシウム・チャネルを阻害する他に、交感神経終末にあるN-型カルシウム・チャネルを阻害する。それゆえ未だその効果については未解明の点がある。尿酸低下作用、心拍数低下作用など独特な効能ももつ。

シルニジピンは富士レビオ味の素により日本で開発され、1995年に日本で発売された。富士レビオからはシナロングの商品名で併売されたが、その後ユーシービージャパン、キッセイ薬品工業と販売企業は変遷し、ユーシービージャパンによる製造事故のあおりを受け、シナロングは製造・発売中止となっている。(平成22年5月より経過措置に入った。)

適応[編集]

  • 高血圧症[1]

特徴[編集]

副作用[編集]

重大な副作用には、AST(GOT)、ALT)(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害・黄疸(頻度不明)と血小板減少(0.1%未満) がある[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アテレック錠5/アテレック錠10/アテレック錠20 添付文書” (2016年9月). 2016年11月5日閲覧。
  2. ^ Konda T, et al. Biol Bull 2006; 29: 933-937
  3. ^ 永濱 忍. 診療と新薬 2009; 46: 473-91
  4. ^ 番戸 行弘. Prog Med 2008;28: 1013-7
  5. ^ Katayama K, et al. Kidney Int 2006; 70: 151-156
  6. ^ http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jsn2008/200806/506689.html