シリウス (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シリウス
HMAS Sirius steams in the Coral Sea after completing a replenishment in July 2013.jpg
経歴
運用者  オーストラリア海軍
建造所 現代重工業
進水 2004年4月12日
就役 2006年9月16日
母港 西部艦隊基地英語版
モットー To Serve and Provide
改名 MT Delos(建造中の船名)
要目
種別 補給艦
満載排水量 46,755トン
全長 191.3m
全幅 32m
吃水 11m
主機 現代B&W6S50MC ディーゼル×1基
推進 スクリュープロペラ、1軸推進
速力 16.5ノット
航続距離 16,000海里/14ノット
乗員 士官8名、下士官水兵46名
搭載能力 貨油:34,806
(航空燃料5,486 m³を含む)
ドライカーゴ:240トン
兵装 ブローニングM2重機関銃×5挺
飛行甲板 艦尾にあり、格納庫なし
テンプレートを表示

シリウス(HMAS Sirius,O 266)は、オーストラリア海軍給油艦である。ウェストラリアの後継として導入された。

概要[編集]

元々大韓民国で建造されていたタンカーデロス(MT Delos)を買い取って、洋上給油英語版用の設備やヴァートレップ英語版用のヘリコプター甲板の追加など、所要の改造を施したものである。

艦名は、オーストラリアに初めて送られた植民船団の旗艦にちなむ。

関連項目[編集]

同時期の諸外国海軍の補給艦

外部リンク[編集]