シュベツォフ ASh-73

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュベツォフ ASh-73ロシア語: Швецов АШ-73)は1947年から1957年にかけてソビエト連邦生産されていた航空用エンジンである。総生産数は14,310基で、Be-6 飛行艇Tu-4 戦略爆撃機などの大型機に使用された。

開発[編集]

ASh-73は2000馬力級の空冷式二重星型18気筒エンジンで、9気筒の M-25を複列化し、出力を向上させたものである。

ASh-73と同様のコンセプトに基づく18気筒エンジンは1930年代後半から試作されてきた。M-70と呼ばれるエンジンが1938年にテストされたが、満足いく結果を残せずに不採用となった。1940年にM-71が製作されたが、これも失敗に終わった。1941年には独ソ戦が勃発し、重要性の低いと考えられた18気筒エンジンの開発は中断された。

開発が再開したのは独ソ戦がほぼ終結した1945年だった。まずASh-72と呼ばれるエンジンが製造され、おおむね良好な性能を発揮したものの、量産は見送られた。続いて1945年内に改良型のASh-73が完成した。1946年末まで行われた試験で優れた性能を持つと認められたため、1947年に量産化された。

ASh-73とR-3350[編集]

ライトR-3350サイクロン18アメリカで開発された航空用エンジンで、二重星型18気筒の構成や、出力寸法など、多くの点がASh-73と似通っている。ASh-73はR-3350のコピーとされることもあるが、M-25を元にソ連で開発されたものである。

ただし、ASh-73とR-3350は無関係のエンジンではなく、いずれもライトR-1820サイクロン9という共通の祖先から派生したものである。R-1820をアメリカで複列化したのがR-3350、R-1820をソ連でM-25としてライセンス生産し、そのM-25を複列化したのがASh-73であった。このため両エンジン間に類似点は多く、相互に交換可能な部品もあった。

Tu-4爆撃機は ソ連領内に緊急着陸したB-29爆撃機(R-3350搭載)をリバースエンジニアリングにより模倣したものだが、完全なコピーではなくエンジンはASh-73を載せていた。なお、生産途中からASh-73に装備されるようになった排気タービン式過給器は、R-3350に装備されたもののコピーであった。

主要諸元[編集]

シュベツォフ ASh-73TK[編集]

搭載機[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Kotelnikov, Vladimir (2005). Russian Piston Aero Engines. Crowood Press Ltd.. pp. p.130-131. 
  • Yefim Gordon, Vladimir Rigmant (2002). Tupolev Tu-4, Soviet Superfortress (Red Star, Vol.7). Midland Publishing ISBN 1-85780-142-3. pp. p.22-25, 63-64, 91.