シャー・ジャハーン3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャー・ジャハーン3世
شاہجہان ثالث
ムガル帝国対立皇帝
在位 1759年12月10日 - 1760年10月10日
戴冠 1759年12月10日
別号 パードシャー

全名 ムハンマド・ムヒー・ウッミッラト
出生 1711年
不詳
死去 1772年
アラーハーバード
子女 ミールザー・サアーダト・バフト
ミールザー・イクラーム
王朝 ムガル朝ティムール朝
父親 ムヒー・ウッスナート
母親 不詳
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

シャー・ジャハーン3世ヒンディー語:शाहजहां तृतीय, ウルドゥー語: شاہجہان ثالث‎, Shah Jahan III, 1711年 - 1772年)は、北インドムガル帝国の対立皇帝(在位:1759年 - 1760年)。

生涯[編集]

1759年11月29日ムガル帝国の宰相ガーズィー・ウッディーン・ハーンは皇帝アーラムギール2世デリーで殺害し、新たにアウラングゼーブの皇子カーム・バフシュの孫シャー・ジャハーン3世を擁立した[1]

その後、12月10日にシャー・ジャハーン3世が即位して間もなく、デリーから離れた所にいたアーラムギール2世の皇子シャー・アーラム2世が即位した[1]。ここに2人の皇帝が併立することになったが、正式な皇帝はシャー・アーラム2世であり、シャー・ジャハーン3世は対立皇帝にすぎないとされている。

さて、シャー・ジャハーン3世が擁立されたとき、アフガニスタンの君主アフマド・シャー・ドゥッラーニー北インドに向けて侵攻していた。1760年1月にアフガン軍によってデリーが占領され、8月2日には対抗するマラーターの軍勢がデリーへ入城した[2]

そうしたなか、同年10月10日、宰相ガーズィー・ウッディーン・ハーンと好があったマラーター軍が裏切り、シャー・ジャハーン3世を廃位し、宰相も同時に失脚した[1][2]。これは、マラーター王国宰相バーラージー・バージー・ラーオシュジャー・ウッダウラにアフガン軍との調停を委ねる代わり、帝国の宰相になれるよう助力を秘密裏に約束していたからだった[2]

1772年、シャー・ジャハーン3世はアラーハーバードで死亡した。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]