ラフィー・ウッダウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフィー・ウッダウラ

ラフィー・ウッダウラRafi Ud-Daulat, 1699年 - 1719年9月19日)は、ムガル帝国の第11代皇帝(在位:1719年)。第10代皇帝ラフィー・ウッダラジャートの兄。文献によってはシャー・ジャハーン2世(Shah Jahan II)とされているものもみられる。

生涯[編集]

1719年に暗殺された弟と同じく、外戚サイイド家の信任を得て皇帝に即位した。しかし最期まで弟ラフィー・ウッダラジャートと同じ轍を踏み、同年中にサイイド家の謀略にかけられて暗殺された。玉座は従兄弟のムハンマド・シャーが継いだ。