シャンペイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Champeix
Blason ville fr Champeix (Puy-de-Dôme).svg
Commune de Champeix.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ピュイ=ド=ドーム県Blason département fr Puy-de-Dôme.svg
(arrondissement) イソワール郡
小郡 (canton) ル・サンシー小郡
INSEEコード 63080
郵便番号 63320
市長任期 ロジェ・ジャン・メアレ[1]
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes des Puys et Couzes
人口動態
人口 1335人
2012年
人口密度 110人/km2
住民の呼称 Champillauds
地理
座標 北緯45度35分22秒 東経3度07分47秒 / 北緯45.5894度 東経3.1297度 / 45.5894; 3.1297座標: 北緯45度35分22秒 東経3度07分47秒 / 北緯45.5894度 東経3.1297度 / 45.5894; 3.1297
標高 平均:m
最低:428m
最高:760m
面積 12.12km2
Champeixの位置(フランス内)
Champeix
Champeix
テンプレートを表示

シャンペイChampeix)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ピュイ=ド=ドーム県コミューン

地理[編集]

シャンペイを流れるクーズ・シャンボン川

クレルモン=フェラン都市圏の一部である[2]。コミューンをクーズ・シャンボン川(アリエ川支流)が流れる。

ドール山地を経由してイソワールとクレルモン=フェランの間をつなぐ道路が集合する地点にあたる。シャンペイは小さな歴史のある市場の町で、クーズ・シャンボン谷の斜面にあり、南部の魅力を持つ。斜面はパイラと呼ばれる、全体にブドウの木が植えられた段々畑が隣接している。

歴史[編集]

マルシディアル城は、古いゲルマン語で市場を意味するmarchi、土地を意味するdialからきており、市場の場所を意味する。12世紀のシャンペイは、オーヴェルニュのドーファン家の第2の住居があり、彼らはエルサレムへの十字軍に参加している。遠征から帰還した兵士たちは、城または村の秘密の通路を通じて宝物を持ち帰った(いまだ見つかっていない)。1633年、リシュリューはもはや王室の権威を否定しない貴族の城の破壊を命じた。現在、城の一部として残っているのは、付属教会、塔の一部、庭園、ドンジョンの基礎部分である。この基礎部分とは、包囲戦時に維持される食糧保管庫であった。食糧保管庫は2つの階にあり、最初の階は雨水を貯めるため地下にもうけられていた。中世、村人や兵士たちは氷を手に入れるため山に登り、食品の保存に使われる氷を夏に城に貯めていた。18世紀、食糧保管庫に出入りするための扉が付け足された。

19世紀初頭、シャンペイにはほぼ2000人が暮らしていた。村は主としてブドウ畑からの恵みで暮らしていた。しかし、ブドウの木が病気に感染し、最終的に全てが枯死してしまった。この出来事の後1950年代までシャンペイは徐々に人口が減少し、その後増加に転じて2012年には人口が1335人であった。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2012年
1075 1104 1097 1164 1087 1135 1256 1335

source=1999年までLdh/EHESS/Cassini[3]、2004年以降INSEE[4][5]

史跡[編集]

  • サント・クロワ教会 - 12世紀ロマネスク様式
  • サン・ジャン教会 - かつてのマルシディアル城の礼拝堂。
  • マルシディアル城 - かつてのオーヴェルニュのドーファン家の住まい[6]

脚注[編集]