シャムシュル・ラーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャムシュル・ラーマン
শামসুর রাহমান
誕生 1929年10月23日
イギリス領インド ダッカ
死没 (2006-08-17) 2006年8月17日(76歳没)
ダッカ
職業 詩人
言語 ベンガル語
国籍 バングラデシュの旗 バングラデシュ
主な受賞歴 バングラ・アカデミー賞 (Bangla Academy Award
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

シャムシュル・ラーマンベンガル語: শামসুর রাহমান1929年10月23日 - 2006年8月17日 )は、バングラデシュ詩人ダッカに生まれる。

大学時代のインド・パキスタン分離独立の頃に詩作をはじめ、1950年代から知られるようになる。1959年に初の詩集『Prothom Gaan Dwityo Mrittyur Agey(第一の歌、第二の死の前)』を発表する。1969年にバングラ・アカデミー賞 (Bangla Academy Awardを受賞。バングラデシュ独立戦争時に書かれた「独立よ、お前は」は、戦時下から広く読まれた。児童文学やジャーナリズムでも活動し、ベンガル文学ではタゴールに次ぐ多作家であり、バングラデシュでは「タゴール以後最も偉大な詩人」といわれる。

日本語訳著作[編集]

  • 『バングラデシュ詩選集』 丹羽京子編訳、大同生命国際文化基金〈アジアの現代文芸シリーズ〉、2007年。 - 以下の作品を収録。
    • 「悲しみ」
    • 「同伴者」
    • 「一度も私の母が」
    • 「アサドのシャツ」
    • 「母」
    • 「悪夢のある日」
    • 「独立よ、お前は」
    • 「鴉」
    • 「一編の詩のために」
    • 「子どものころから」
    • 「問いに答える」
    • 「バングラデシュは夢を見る」
    • 「トンネルでひとり」
    • 「題名が思い出せない」
    • 「階段、また階段」
    • 「真夜中の郵便配達」
    • 「もう少し立っていたい」
    • 「わたしはひとりの紳士を」
    • 「一枚の写真」
    • 「頭には黄昏、骨には色とりどりの霧」
    • 「黒い娘のための文章」
    • 「彼らが行ってしまったあとで」
    • 「街灯」
    • 「変化」
    • 「テーブルで林檎たちの笑う」
    • 「落ち葉」
    • 「聞き手」
    • 「鹿の骨」
    • 「愛のポタボリ」

脚注[編集]


出典・参考文献[編集]

  • 丹羽京子『バングラデシュ詩選集』解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]