シャフト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャフト
Shaft
監督 ジョン・シングルトン
脚本 ジョン・シングルトン
シェーン・サレルノ
リチャード・プライス
原作 アーネスト・タイディマン
製作 マーク・ロイバル
ジョン・シングルトン
スコット・ルーディン
製作総指揮 ポール・ホール
アダム・シュローダー
スティーヴ・ニコライデス
出演者 サミュエル・L・ジャクソン
ヴァネッサ・ウィリアムス
ジェフリー・ライト
クリスチャン・ベール
バスタ・ライムス
トニ・コレット
リチャード・ラウンドトゥリー
音楽 デヴィッド・アーノルド
主題歌 Theme from Shaft
(旧邦題:黒いジャガーのテーマ
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 ジョン・ブルーム
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年6月16日
日本の旗 2000年11月11日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $46,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $107,196,498[1]
テンプレートを表示

シャフト』(Shaft)は、2000年製作のアメリカ合衆国アクション映画1971年の『黒いジャガー』のリメイク作品である。

ストーリー[編集]

ニューヨーク市警察の刑事ジョン・シャフトは事件解決のためなら手段を選ばない男として知られている。ある夜、市内の高級バーの前で黒人青年が殴られて意識不明の重体となる事件が発生。シャフトは店内で被害者といざこざを起こしていた白人青年、ウォルター・ウェイド・Jrを犯人として逮捕する。逮捕直前に黒人青年が死亡したため、ウォルターは殺人罪で告発されたが、不動産王の息子である彼は父親の莫大な財力と政治力に物を言わせて保釈を勝ちとると、そのままスイスへ国外逃亡してしまった。しかも事件の重要証人であるウェイトレスのダイアンも姿を消してしまう。

それから2年後、シャフトは麻薬課の女刑事カーメンらとドミニカ人麻薬組織の精製工場に踏み込もうとしたが、事前に情報が漏洩していたため、捜索は空振りに終わった。このままでは収まらないシャフトは組織のボス、ピープルズを挑発して公務執行妨害で逮捕した。署へ戻ると、情報屋からスイスへ逃亡していたウォルターがプライベートジェットで極秘に帰国するという情報を得て、待ち伏せて再逮捕にこぎつけた。だが、再開された裁判でウォルターはまたしても父親の財力と権力に物を言わせ、再び保釈を認められるのだった。これに憤慨したシャフトは警察バッジを渾身の力で判事へ向けて投げつけると、刑事を辞めて独自に事件解決に乗り出すことを決意。まずは重要証人であるダイアンの行方を突きとめるべく、カーメンや貸しのあるタクシー運転手のラサーンらとともにニューヨークを奔走する。

一方、自由の身となったウォルターはシャフトへの復讐とダイアンの口封じのため、やはりシャフトへの逆恨みを募らせるピープルズと手を組んで策謀を巡らせるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・シャフト サミュエル・L・ジャクソン 手塚秀彰
カーメン・ヴァスケス ヴァネッサ・ウィリアムス 山像かおり
ピープルズ・ヘルナンデス ジェフリー・ライト 江原正士
ウォルター・ウェイド・Jr クリスチャン・ベール 山野井仁
ラサーン バスタ・ライムス 檀臣幸
ジャック・ロセリ ダン・ヘダヤ 水野龍司
ダイアン・パルミエリ トニ・コレット 佐藤しのぶ
ジョン・シャフト(おじ) リチャード・ラウンドトゥリー 中博史
ジミー・グローヴス ルーベン・サンチャゴ=ハドソン

出典[編集]

  1. ^ a b Shaft (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]