シティタワー神戸三宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シティタワー神戸三宮
City Tower Kobe Sannomiya
City Tower Kobe Sannomiya.JPG
施設情報
所在地 兵庫県神戸市中央区旭通4丁目1番3号
座標 北緯34度41分47.9秒 東経135度11分53秒 / 北緯34.696639度 東経135.19806度 / 34.696639; 135.19806座標: 北緯34度41分47.9秒 東経135度11分53秒 / 北緯34.696639度 東経135.19806度 / 34.696639; 135.19806
状態 完成
建設期間 2010年3月2013年3月
用途 分譲マンション(640戸)[1]
地上高
最頂部 190 m
屋上 176.50 m
最上階 175.90 m
各種諸元
階数 地下1階、地上54階、塔屋2階
敷地面積 8,367.81 [1]
建築面積 5,797.63 [1]
延床面積 92,937.68 [1]
構造形式 RC造、一部鉄骨造(免震構造)
駐車台数 325台[1]
関連企業
設計 環境再開発研究所東急設計コンサルタント織本構造設計JV[1]
施工 大林組[1]
デベロッパー 旭通4丁目地区市街地再開発組合
テンプレートを表示

シティタワー神戸三宮(シティタワー こうべさんのみや)は、神戸市中央区にある超高層マンションである。

概要[編集]

JR三ノ宮駅の東約300メートルで施行された旭通4丁目地区市街地再開発事業は、神戸市内最高層である地上54階建ての免震タワーマンション「シティタワー神戸三宮」、および、兵庫県内初進出となった住友不動産グループのビジネスホテルヴィラフォンテーヌ神戸三宮」で構成される[2]

シティタワー神戸三宮は、最高部の高さは約190mとなり、兵庫県で最も高い分譲マンションおよび超高層ビルとなった[2]

北側外壁には「布引の滝」の流れをモチーフとしたLED照明が設置されている[2]

経緯[編集]

この地区では、1981年昭和56年)7月に旭通4丁目地区再開発準備組合が設立された[2]が、複雑な権利関係などが原因となり、長期間にわたり事業に着手できなかった。事業に着手する前は、観光バス駐車場などに利用され、土地の有効活用がされていなかった。

2006年平成18年)11月に住友不動産が参加組合員に内定すると事業が動き出し、2007年(平成19年)8月都市計画決定が行われ、2009年(平成21年)1月に旭通4丁目地区市街地再開発組合が設立認可された[2]

2010年(平成22年)3月に施設建築物工事に着手し、2013年(平成25年)2月に工事が完了、3月に竣工式が行われた[3]

交通機関[編集]

・JR西日本神戸線三ノ宮駅

・阪神電車本線三宮駅

・阪急電鉄神戸本線神戸三宮駅

・神戸市営地下鉄西神山手線三宮駅

・神戸市営地下鉄海岸線三宮・花時計前駅

・神戸新交通ポートアイランド線三宮駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]