シェイラ・ラヴォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェイラ・ラヴォー
Shayla LaVeaux
Shayla LaVeaux 1.jpg
Shayla LaVeaux
プロフィール
別名義 Shayla La Veaux、
Shayla Lawrence、
The Crusher、
Italian Maiden
生年月日 1969年12月27日
現年齢 47歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国デンバー (コロラド州)
瞳の色 ブルー
毛髪の色 ブロンド
公称サイズ(IMDb Bio”. 2008年4月22日閲覧。の時点)
身長 / 体重 155 cm / 48 kg
BMI 20
スリーサイズ 86 - 61 - 91 cm
カップサイズ C(米国サイズ)
備考 豊胸
活動
デビュー 1992年
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

シェイラ・ラヴォー Shayla LaVeaux1969年12月27日 - )は、アメリカ合衆国ポルノ女優、エキゾチックダンサー。

子供時代[編集]

シェイラ・ラヴォーは母子家庭で育ち、反抗的な子供だった。15歳までにコカインを飲み、学校を中退し、パーティーでストリップをした。彼女はこれについてコメントしている。 - 「私は、母に地獄を経験させました。とは言え、それは母が育てた結果に他なりません。母はできる限りの最善を尽くしました。そして、私もできる限りの最善を尽くしました。」シェイラは自分の少女時代について、自身のウェブサイトでこう述べている「私は、アダルトビジネス界で多くの女の子達が経験したような、お決まりの恐ろしい幼児・家庭体験は持ちませんでした。私は、とても幸福で愛情のこもった家庭の所産です。私と姉妹は親友で、私は定期的に親に会います。」

初期の職歴[編集]

ラヴォーは、レッド・ロック・アンフィシアター(コロラド州)のコンサートに向かってヒッチハイクをしている時、ストリッパーの車に拾われ、初めてストリッパーとして働くことに興味を持った。18歳で、彼女はショットガン・ウィリーズというストリップクラブで働き始めた。後に彼女はバチェラー・パーティー[1]の仕事を始めた。この仕事を通して、ラヴォーは後の彼女のマネージャー、ラッキー・スミスとスミスのガールフレンドであったアレクシス・デヴェルと出会った。

ラヴォーはバイセクシャルであったが、1990年にジェームズ・ワイザーと結婚した。彼は時折アンソニーの名義で彼女と共演した。女性と男性のどちらをより好むかと尋ねられたとき、彼女はこう答えている。「私は両方とも好きです、しかし、もし何処かの島に取り残されたとしたら、私が男性を選ばざるを得ないと思います…私の大好きな状況は、3Pです…または夫と私ともう一組のカップルと一緒に。私の夫は完全にオープンです。私が業界に入る前から、私は彼と一緒でした…彼はそれを楽しんでいます。彼は楽しんでいる私を楽しんでいます。そして人々がそれを理解するのは難しいです…実は私の初めての女性は、彼の元ガールフレンドでした…まだ彼らが素敵な関係にあったことは快感でした…。私はそれが不思議だとは思いません、全て何の問題も無いことだと思います。」[2]

ラヴォーとワイザーはまた、デンバー (コロラド州) でストリップの会社を経営管理していた。ビジネスの向上のために、5フィートのブロンド(ラヴォー)は、何誌かの雑誌でモデルをする決意をした。しばらくして、ラヴォーはポルノビデオに出演していたアレクシス・デヴェルと彼女のマネージャー、ラッキー・スミスと共にポルノの世界に飛び込むため、カリフォルニアに向かった。彼女は、ロサンゼルス(カリフォルニア州)でのポルノ映画撮影にデヴェルと同行した。ある女優がデヴェルの映画の撮影をすっぽかした時にラヴォーは居合わせて、その女優の代役を務めた。これが彼女の映画歴の始まりとなった。

ポルノ初年度[編集]

ラヴォーの最初の映画は1992年の『Curious 』。ラヴォーは芸名をシェイラとした理由を自身のサイトで語っている。「ハイスクール時代の親友が彼女の赤ちゃんに「シェイラ」と名付けました。私はその名前がとても好きでした。「ラヴォー」は、有名なニューオーリンズのブードゥークイーン、マリー・ラヴォーにちなんでいます。彼女は、彼女のパワーだけでなく、年をとらない美しさでも有名でした。私は芸名を少しフランス風に間違って綴りました。(Laveau→LaVeaux) 」

映画『Lesbian Love Connection 』のセットでラヴォーに出会ったポール・ノーマンは、彼女と独占契約を交わした。一つの会社のために仕事をすることに較べ、めったに使われない戦略であるが、シェイラは一人の男性のために働くことに同意した。ポール・ノーマンは、様々なビデオ会社への「餌」としてシェイラを使った。彼らがノーマンを1・2本の映画の監督、プロデューサーとして雇うならば、彼は見返りとして主演女優シェイラを提供した。当時としては、それは巧妙な計画であった。数ヶ月間、シェイラはひと月に4・5本の主演を得ていた。映画が市場でヒットし始めたとき、AVN誌は二ヵ月間シェイラのファンクラブのようであった[2]

ラヴォーは当面の成功を楽しんだ。1994年のAVN最優秀新人賞をAdult Video NewsからだけでなくAdam Film Worldからも贈られた。X-Rated Critics Organization (XRCO) もこれに倣った。シェイラ以前にこれを成し遂げたのはジンジャー・リンバーバラ・デアだけである。そして彼女達は強力な会社の後ろ盾があって達成したのである。

ポルノ映画歴[編集]

デビュー年の次の1年、シェイラは不調となり、引退を考えた。ラヴォーと彼女の夫は、1998年の世界ポルノ会議で彼らの闘いについて語った。シェイラは話す間、人目もはばからず泣いた。「シェイラが仕事を始めた最初の2年間は」と、夫ジェームズが言った。「我々は、デンバーに住んでいました。彼女は一度につき2週間、家から離れました。これは結婚生活にはひどく堪えました。彼女は、仕事を続けることができない局面に遭遇しました。」彼女は多くの出演をキャンセルし、いくつかの大きなチャンスから身を引いた。ラヴォーはコロラドに戻り、彼女が人生と仕事の妨げとなっていると感じる自分のむら気について、医者を訪ねた。医者は注意欠陥障害と診断し、彼女は治療のための投薬を受けた。まもなく彼女は再起する決意とともに、ロサンゼルスに戻った。

シェイラはすぐにVCAピクチャーズとの契約をものにした。彼らは『未来性機ラバー・シティ (Latex) 』に続く、これまでに無い野心的なプロジェクトを作り出そうとしていた。そして彼らは主演する女優との契約を望んでいた。シェイラはその役が欲しかったので、契約にサインした。彼女は1年のうち51週の契約をし、VCAは心機一転して活力を取り戻したシェイラ・ラヴォーを主役に据えた、マイケル・ニン監督の『ショック (Shock: Latex 2) 』をリリースした。シェイラは自身のウェブサイトで、彼女が出演した全ての映画の中で「『ショック』は、私の絶対的なお気に入りです。」と明言している。この作品は1997年のAVNアワードにおいて、空前の11部門獲得という記録を打ち立てた[3]。シェイラはポルノ映画界の最前線に復帰した。1998年、シェイラは同時に8人の男性と乱交するスチュワーデスを演じた『Starbangers 11 』で再び注目を集めた[4]

ラヴォーは、VCAピクチャーズとアシュトン・ビュー・プロモーションズのために働き続けた。長いキャリアにおいて、ラヴォーは200本以上の映画に出演し、監督達が彼女の個性と、いかに淀みなく仕事をこなすかについて激賞したため、信頼できる女優という評判を確立した。「シェイラ・ラヴォーは、典型的なポルノ女王でありません」と、マイケル・アルボは記している。「彼女はビジネスで消耗しなかった。彼女に質問してください。彼女はしゃべりまくります。言葉が息もつかない奔流で彼女の口からどっと溢れ出ます。[5]」あるウィックド・ピクチャーズのレポーターは、かつてシェイラについて書いている「当時においても、彼女は伝染する笑いと私がこれまでに出会った中でも、最も人の心をつかんで離さない個性を持つ一人でした。シェイラはあなたが側にいてもらいたいと望むような人です。彼女は、あなたが本当に家に連れて行き、母親に会わせたいと思うような女性です。」シェイラが彼女の映画『ブロンド・ラヴァーズ II (Not The Lovin' Kind) 』(1997年) について受けたインタビューによれば、ポルノ映画監督ジム・ホリデーは「最高の選択だった」と彼女に語った。

殿堂入り[編集]

自らの歴史を振り返って、シェイラはかつて語っている。「このビジネスに入った事は、私に強さと自身を与えました。私がそれらを学び取ることができる人々を与えてくれました。私はそのような場所を他のどこにも知りません。[5]」彼女は2002年にAVN殿堂の、2008年にXRCO殿堂のメンバーとなった。

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ bachelor party(独身さよならパーティ) - 結婚を控えた男性を同性の友人達が囲んで羽目をはずすパーティ
  2. ^ a b Pornstar Empire - Shayla LaVeaux Pictures, Shayla LaVeaux Adult Movies
  3. ^ a b c “Past AVN Award Winners”. http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2008年5月1日閲覧。 
  4. ^ Porn Reviews Porn Star Interviews RogReviews.com(注:年齢認証があります)
  5. ^ a b Lukeisback.comのシェイラ・ラヴォーのバイオグラフィ
  6. ^ “Past XRCO Winners”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/oldies.html 2008年5月1日閲覧。 
  7. ^ AVN Hall of Fame” (英語). AVN Awards.com (2004年). 2009年6月11日閲覧。
  8. ^ “XRCO殿堂”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2008年5月31日閲覧。 

外部リンク[編集]