T・T・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
T・T・ボーイ
T.T. Boy
T.T. Boy
本名 Phillip Troy Rivera
別名義 TT Boy、
D.T. Boyd、
Butch、
Max Reynolds、
The Troy Boy
生年月日 (1968-04-30) 1968年4月30日(49歳)
出生地 プエルトリコの旗 プエルトリコ
民族 プエルトリコ人
職業 ポルノ男優、ポルノ映画監督
ジャンル ハードコアポルノ
活動期間 1989年 -
公式サイト ttboy.com

T・T・ボーイT.T. Boy1968年4月30日 - )はプエルトリコポルノ男優・ポルノ映画監督。2009年1月現在、1500本以上のポルノ映画に出演し、100本以上の映画を監督している[1]

人物[編集]

ポルノ映画界に入る前はボクサーであった。彼の芸名はボクサー時代のリングネーム「トロイ・ザ・ボーイ (Troy the Boy)」に由来している。1989年に映画デビュー。以来XRCOの年間最優秀男優賞 (Male Performer of the Year) に2度輝き、AVNの年間最優秀男優賞も獲得している。

代表作として『Black Street Hookers』『Spanish Fly Pussy Search』『Orgy World』などが挙げられる。彼の1歳違いの弟もポルノ男優である。通常はタロン (Talon) の芸名を用い、ゲイポルノに出演する際にはレックス・ボールドウィン (Lex Baldwin) と名乗っている。また彼らのおじもダーティー・ハリー (Dirty Harry) というポルノ男優である[2][3]

T・Tはカリフォルニア州ロサンゼルスのヴァン・ヌイズに拠点を置く彼自身のポルノ映画製作会社Evasive AngelsとT.T.B. Productionsを経営している。

受賞歴[編集]

XRCO

  • 1992年 XRCO Woodsman of the Year[4]
  • 1994年 XRCO Best Couples Scene - 『Seymore & Shane on the Loose』(Lanaとともに)[5]
  • 1995年 XRCO Male Performer of the Year[5]
  • 1995年 XRCO Woodsman of the Year[5]
  • 1996年 XRCO Male Performer of the Year[5]
  • 1996年 XRCO Best Anal or D.P.Scene - 『Car Wash Angels』(カリーナ・コリンズトム・バイロンとともに)[5]
  • 1998年 XRCO Best Male-Female Scene - 『Pink Hotel on Butt Row』(Elenaとともに)[5]
  • 1999年 XRCO殿堂入り[5]

AVN

FOXE

Legends of Erotica

  • 2004年 Legends of Erotica殿堂入り[9]

脚注[編集]

  1. ^ TT Boy - インターネット・アダルト・フィルム・データベース(英語)
  2. ^ Irritable Bowel Syndrome 3” (英語). AVN.com. 2009年1月19日閲覧。
  3. ^ Big Bubble Butt Anal Sluts 2” (英語). AVN.com. 2009年1月19日閲覧。
  4. ^ 9th annual XRCO Winners” (英語). Xrco.com. 2009年1月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g Past XRCO Award Winners” (英語). Xrco.com. 2009年1月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e “Past AVN Award Winners” (英語). http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2009年1月19日閲覧。 
  7. ^ “Awards Presented Big Year for Evil Angel...” (英語). Adult Video News. (2003年1月21日). http://avnmag.avn.com/articles/10381.html 2009年1月19日閲覧。 
  8. ^ a b c Adult Video Awards” (英語). CanBest.com. 2009年1月19日閲覧。
  9. ^ “Legends of Erotica” (英語). http://www.ainews.com/story/12687/ 2009年1月20日閲覧。 

外部リンク[編集]