トム・バイロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トム・バイロン
Tom Byron
Tom Byron
2006年9月23日、ロサンゼルス (カリフォルニア州)、カノガパークのパーティにて
本名 Thomas Bryan Taliaferro, Jr
別名義 Tom Byrom、
Tommy Byron、
The Icon、
The Great White Hope
生年月日 (1961-04-04) 1961年4月4日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ヒューストンテキサス州
職業 ポルノ男優、監督

トム・バイロン Tom Byronヒューストンテキサス州)出身、1961年4月4日 - )は、アメリカ合衆国ポルノ男優、監督。彼はイタリアの家系である。XRCO殿堂[1]AVN殿堂[2]、Legends of Erotica殿堂[3]のメンバーであり、ポルノ界で最も知られる男優の1人。ヒューストン大学卒業。

俳優歴[編集]

バイロンが1982年5月に初めてハードコアポルノ映画に出演し始めたとき[4]、彼は20歳代前半になっていたが、ティーンエイジャーのように見えたため、演じた役の大部分は若い学生か「成年になりたて」の男性であった。彼は1984年前半に、彼女のデビュー作『ホット・ヴァージン (What Gets Me Hot) 』を含む多くの映画で、トレイシー・ローズと共演した。彼がその時点で未成年だったトレイシー・ローズとの継続的な性的関係を持ったことも知られている[4]

彼は初期のゲイポルノ出演に関して沈黙を守っているが、バイロンが一連の映画で性転換者とオーラルセックスを行っていることは、信憑性が確認されている[4]

バイロンは一般映画にクレジットされる事なく、端役で出演している。最近のものは『ミラクル・マイル (Miracle Mile) 』でのホームレスの男としての出演である。

彼は経歴において数回イメージチェンジした。ひげをきれいに剃った若者から、長い髪とタトゥーピアスで固めたハードロッカースタイル、更にきれいに髪を刈ったビジネスマンの風貌へと。

2005年の秋の復帰以来、バイロンは多くのシーン、特に彼自身の会社Evolution Erotica社の『House of Ass 』シリーズ)に出演している。バイロンは、同様に他社の作品にも出演している。

監督歴[編集]

バイロンは多くの映画を監督した。代表作としてはエレガント・エンジェル・プロダクション (Elegant Angel) の『Cumback Pussy 』シリーズが挙げられる。1998年、バイロンは仲間の監督ヴァン・ダメージ (Van Damage) 、ロブ・ブラック (Rob Black)ポルノ女優兼監督のティファニー・ミンクスと共に、新しい会社エクストリーム・アソシエイツ (Extreme Associates) を設立するため、エレガント・エンジェルを去った。

出演作[編集]

(2008年4月現在)IMDbは1400本強の映画をリストしているが、実際には2500本以上のポルノ映画に出演していると推定されている。確実に年代を特定できる彼の最古のビデオは、1983年の『Tuesday's Lover 』である。

IAFDbは2234本の出演映画と113本の監督作品をリストしている。(2008年4月29日現在)

受賞[編集]

2006年1月5日、ラスベガスのAVNショー
  • 1984年 CAFA最優秀主演男優 - 『エクスタシー・ガールズ/ザ・快楽 (Private Teacher)[5]
  • 1984年 CAFA最優秀助演男優 - 『トレイシー・ローズの禁身交愛 (Sister Dearest)[5]
  • 1985年 AVN最優秀カップルセックスシーン - 映画『アクメ・ビジネス/肉婦 (Kinky Business)[6]
  • 1990年 AVN最優秀カップルセックスシーン - ビデオ『The Chameleon[6]
  • 1991年 F.O.X.Eファンお気に入りの男優[7]
  • 1992年 AVN最優秀主演男優 - ビデオ『Sizzle[6]
  • 1992年 F.O.X.Eファンお気に入りの男優[7]
  • 1996年 XRCO最優秀主演男優(Single Performance)『Flesh[8]
  • 1996年 XRCO最優秀アナル・二穴シーン - 『Car Wash Angels[8]
  • 1997年 XRCO最優秀主演男優 - 『Indigo Delta[8]
  • 1997年 XRCO最優秀アナルシーン - 『Behind the Sphinc Door[8]
  • 1997年 XRCO年間最優秀男優[8]
  • 1998年 AVN最優秀主演男優 - ビデオ『Indigo Delta[6]
  • 1998年 AVN最優秀ゴンゾシリーズ『Cumback Pussy[6]
  • 1998年 AVN年間最優秀男優[6]
  • 1998年 XRCO最優秀ゴンゾシリーズ『Whack Attack[8]
  • 1999年 AVN年間最優秀男優[6]
  • 1999年 F.O.X.Eファンお気に入りの男優[7]
  • 2000年 AVN最優秀助演男優 - ビデオ『LA 399[6]
  • 2008年 AVN最優秀主演男優 - 映画『Layout[9]
  • 2008年 AVN最優秀カップルセックスシーン - 映画『Layout[9]

文献[編集]

ニコラス・バルバーノ Nicolas Barbano 著『Verdens 25 hotteste pornostjerner(世界で最も人気の高い25人のポルノスター)』(デンマーク、ロシナンテ社 1999年 : ISBN 87-7357-961-0) 彼のために章が割かれている[10]

脚注[編集]

  1. ^ “XRCO Hall of Fame”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2007年12月27日閲覧。 
  2. ^ AVN Hall of Fame” (英語). AVN Awards.com (2004年). 2004年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月11日閲覧。
  3. ^ Tod Hunter (2008年12月30日). “Margold Announces 2009 'Legends of Erotica'” (英語). XBIZ. http://www.xbiz.com/news/news_piece.php?id=103167 2009年1月20日閲覧。 
  4. ^ a b c “Tom Byron May 2000 interview”. http://www.rogreviews.com/interviews/tom_byron.asp 2007年12月27日閲覧。 
  5. ^ a b “rame awards list”. http://www.rame.net/library/lists/best.html 2007年12月27日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h “Past AVN Award Winners”. http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2007年12月27日閲覧。 
  7. ^ a b c "Adult Video Awards", CanBest.coRetrieved 27 December, 2007.7閲覧
  8. ^ a b c d e f “XRCO past winners”. http://www.bwdl.net/XRCO-2/oldies.html 2007年12月27日閲覧。 
  9. ^ a b “2008 AVN Award Winners Announced”. オリジナル2008年1月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080116151238/http://www.avn.com/index.cfm?objectid=701CF9BD-BEB8-5444-024C38A80A2BCCB0 2008年1月14日閲覧。 
  10. ^ rosinante.dk(デンマーク語)

外部リンク[編集]