ザ・マニッシュ・ボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・マニッシュ・ボーイズ
出身地 米国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ブルース
活動期間 2004年 - 現在
レーベル デルタ・グルーヴ
公式サイト TheMannishBoys.com
メンバー シュガーレイ・レイフォード、フランク・ゴールドワッサー(パリス・スリム)、カーク・フレッチャー、ウィリー・J・キャンベル、ジミー・ボット
旧メンバー レオン・ブルー、ジューン・コア、ロニー・ジェイムズ・ウェバー、トム・リーヴィー、リチャード・イネス、ファイニス・タスビー、ボビー・ジョーンズ、ジョニー・ダイアー、ランディ・チョートコフ、キッド・ラモス

ザ・マニッシュ・ボーイズ (The Mannish Boys)は、ロサンゼルスを拠点に活動するブルース・バンド。西海岸、テキサスシカゴ等の古典的なブルースを中心に演奏する。

西海岸のブルース・シーンで活躍するベテランを揃えたオールスター・バンドである。歌手のファイニス・タスビーを中心に結成され、2004年、デルタ・グルーヴ・プロダクションズよりアルバムThat Represent Manでデビューを飾った。そこでのメンバーは、ファイニス・タスビー(vo.)、カーク・フレッチャー(gt.)、フランク・ゴールドワッサー(gt.)、レオン・ブルー(p.)、ロニー・ジェイムズ・ウェバー(b.)、ジューン・コア(ds.)と行った面々だった。彼らに加え、ゲストとしてロイ・ゲインズポール・オシャーミッキー・チャンピオン等が参加している[1]

このバンドは、アルバムによってメンバーが異なり、またライヴでもときどきでメンバーが入れ替わったりすることから、緩やかなセッション・プロジェクトと解釈するのが自然である。2007年のBig Plansには、シカゴのブルース/ソウル・シンガー、ボビー・ジョーンズがスペシャル・ゲストとして参加。ジョーンズは以後、正式メンバーとなっている。

現在は、歌手のシュガーレイ・レイフォードを中心としたメンバーとなっている[2]

ディスコグラフィー[編集]

  • 2004年 That Represent Man (Delta Groove Productions)
  • 2005年 Live & In Demand (Delta Groove Productions)
  • 2007年 Big Plans (Delta Groove Productions)
  • 2008年 Lowdown Feelin' (Delta Groove Productions)
  • 2009年 Comin' Back Hard (Bobby Jones feat. the Mannish Boys) (Delta Groove Productions)
  • 2010年 Shake for Me (Delta Groove Productions)
  • 2012年 Double Dynamite (Delta Groove Productions)
  • 2014年 Wrapped up And Ready (Delta Groove Productions)


参考文献[編集]


外部リンク[編集]