サン・ミシェル・デギュイユ礼拝堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ミシェル・デギュイユ礼拝堂

Rocher St Michel à Aiguilhe.JPG

基本情報
所在地 フランスの旗 フランス
エギル
座標 北緯45度02分59.9秒 東経3度52分57.1秒 / 北緯45.049972度 東経3.882528度 / 45.049972; 3.882528座標: 北緯45度02分59.9秒 東経3度52分57.1秒 / 北緯45.049972度 東経3.882528度 / 45.049972; 3.882528
宗教 キリスト教
建設
様式 ロマネスク様式
完成 10世紀

サン・ミシェル・デギュイユ礼拝堂(サン・ミシェル・デギュイユれいはいどう、: Église Saint-Michel d'Aiguilhe, : Saint Michel d'Aiguilhe)は、フランス中南部、オート=ロワール県エギルにあるロマネスク様式の礼拝堂[1][2]ル・ピュイ=アン=ヴレの町を一望できる[3]

他に、サン・ミシェル・デギーユ礼拝堂[2]、サン・ミッシェル・デギレ礼拝堂[4]、サン・ミッシェル・デギル礼拝堂[5]、サン・ミシェル・デュギュイ礼拝堂[6]などの表記がある。

礼拝堂は、ローマ神話の神メルクリウスを祀った神殿と入れ替わる形で[5]10世紀半ばの969年に創建されたもので[7]、高さ82メートルのサン・ミシェル岩山の頂に建つ[1]。268段の石段を登りつめたところにある[8]。岩山そのものは、礼拝堂の創建よりも前から何千年にもわたって神聖視されていたと考えられている[5]。1840年にフランスの歴史的記念物に指定された[7]

ポルターユ(聖堂正面入り口)は、ビザンチン風で、黒、茶、白など様々な色の石のモザイクで装飾されている[8]

礼拝堂の堂内にはフレスコ画がびっしりと描かれている。入って右手の少し天井の高い部屋には、天井にキリストを中心として、四隅に福音史家の象徴物、他に太陽、月、熾天使、大天使ミカエルなどが描かれ、その下は横1列に聖人たちがいて、さらに下には窓をはさんで、地獄と天国と考えられるフレスコ画がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年9月23日閲覧。
  2. ^ a b c 宮城徳也 (2016年4月4日). “フランス中南部の旅 その13 ル・ピュイ”. 早稲田大学. 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ ル・ピュイ・アン・ヴレー”. フランス観光開発機構 (2011年10月17日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ 富井義夫. “巡礼路の始まり、断崖に建つ礼拝堂”. 2018年9月23日閲覧。
  5. ^ a b c 『世界の断崖 おどろきの絶景建築』 2018, p. 25.
  6. ^ 『NHK 夢の美術館 世界の名建築100選』 2008, p. 108.
  7. ^ a b Monuments historiques” (フランス語). Base Mérimée. 文化・通信省(Ministère de la Culture et de la communication). 2018年9月23日閲覧。
  8. ^ a b 『世界遺産サンティアゴ巡礼路の歩き方』 2010, p. 33.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]