サン・ジョヴァンニ・ロトンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動


サン・ジョヴァンニ・ロトンド
San Giovanni Rotondo
サン・ジョヴァンニ・ロトンドの紋章
紋章
行政
イタリアの旗 イタリア
プッリャ州の旗 プッリャ
Blank.png フォッジャ
CAP(郵便番号) 71013
市外局番 0882
ISTATコード 071046
識別コード H926
分離集落 Contrada Matine
隣接コムーネ フォッジャマンフレドーニアモンテ・サンタンジェロサン・マルコ・イン・ラーミス
公式サイト リンク
人口
人口 26,078 人
人口密度 101 人/km2
文化
住民の呼称 sangiovannesi, sangiovannari (dialetto)
守護聖人 洗礼者聖ジョヴァンニ (San Giovanni Battista)
祝祭日 6月24日
地理
座標 北緯41度42分0秒 東経15度44分0秒 / 北緯41.70000度 東経15.73333度 / 41.70000; 15.73333座標: 北緯41度42分0秒 東経15度44分0秒 / 北緯41.70000度 東経15.73333度 / 41.70000; 15.73333
標高 565 m
面積 259 km2
サン・ジョヴァンニ・ロトンドの位置(イタリア内)
サン・ジョヴァンニ・ロトンド
サン・ジョヴァンニ・ロトンドの位置
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

サン・ジョヴァンニ・ロトンド (San Giovanni Rotondo) 市は、人口27,223人(2018/02/28時点)のイタリア共和国プ―リア州(プッリャ州とも表記)フォッジャ県コムーネの一つである。イタリアの地形をブーツの形に例えたときに、ヒールの部分にあたるのがプーリア州である。

観光[編集]

カトリック教会のカプチン会の司祭であったピオ神父(Padre Pio da Pietrelcina, または、カトリック教会から聖人として認定を受け聖ピオ、San Pio da Pietrelcinaとも)の町としても知られ、世界中から巡礼者(年間およそ130万人)、一般の観光客(年間およそ80万人)が訪れる。市内には、多くの教会建築があり観光の見どころにもなっている。

また、サン・ジョヴァンニ・ロトンド市はモンテ・サンタンジェロとともに、ガルガノ国立公園(Parco Nazionale di Gargano)の一部を構成しており、都会の喧騒から離れ美しい自然を楽しむことができる。

経済[編集]

農業が盛ん。1900年代中ごろまでは、市の経済は農業で成り立っていたが、1956年5月にCasa Sollievo della Sofferenza(和訳:苦しみの緩和の家)というイタリア有数の大型の病院ができ、また、宗教巡礼者や一般観光客の増加により、現在は95%が第三次産業によるものである。

また、プーリア州全体として農業が盛んな地域であり、オリーブ農園やワイン農家のほか、トマト栽培が有名な地域としても知られている。

その他[編集]

2013年7月28日、同地のピオ神父巡礼教会を訪れた人々の乗ったバスが、ナポリ近郊で転落する事故が発生した[1]

脚注[編集]

  1. ^ イタリアでバス転落、死者36人に 犠牲者増える恐れも”. CNN (2013年7月29日). 2013年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]