マンフレドーニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンフレドーニア
Manfredonia
マンフレドーニアの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
プッリャ州の旗 プッリャ
Blank.png フォッジャ
CAP(郵便番号) 71043
市外局番 0884
ISTATコード 071029
識別コード E885
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
地震分類 zona 2 (sismicità media)
気候分類 zona D, 1523 GG
公式サイト リンク
人口
人口 56,738 [1](2019-01-01)
人口密度 161.2 人/km2
文化
住民の呼称 manfredoniani または sipontini
守護聖人 San Lorenzo Maiorano, Maria Santissima di Siponto
祝祭日 2月7日, 8月30日
地理
座標 北緯41度38分 東経15度55分 / 北緯41.633度 東経15.917度 / 41.633; 15.917座標: 北緯41度38分 東経15度55分 / 北緯41.633度 東経15.917度 / 41.633; 15.917
標高 5 (0 - 604) [2] m
面積 352.06 [3] km2
マンフレドーニアの位置(イタリア内)
マンフレドーニア
マンフレドーニアの位置
フォッジャ県におけるコムーネの領域
フォッジャ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

マンフレドーニアイタリア語: Manfredonia)は、イタリア共和国プッリャ州フォッジャ県にある、人口約57,000人の基礎自治体コムーネ)。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

行政[編集]

分離集落[編集]

マンフレドーニアには、以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Borgo Fonte Rosa, Borgo Mezzanone, Feudo della paglia, Ippocampo, Macchia Rotonda, Onoranza, Pastini, Riviera Sud, San Salvatore, Siponto, Tomaiuolo

歴史[編集]

マンフレドーニアの歴史はイリリアから海を渡って来て古代シポント付近に定住した古代ダウニ族にまで遡る(シポントはおそらくスミイカの意)。実際、この都市はトロイ戦争の英雄ディオメデスに起源を発している。続いてローマ人に征服された。1223年の地震には毒性の沼に変わり、フェデリーコ2世の息子マンフレーディが自らの名をつけて少し北に都市を企画し創設した。

1256年に礎石が置かれた。近くのシポントの遺跡を使用してマンフレドーニアは造られた。マンフレーディは城の建設を開始したが、ベネヴェントの戦いシャルル・ダンジューと戦って死んだため、彼の存命中には終わらなかった。アンジュー家はギベッリーニのマンフレーディの記憶をなくすため城の建設を終わらせ、町の名前をSypontum Novellum(Nuova Siponto、新シポントの意)に変えたが定着しなかった。

1620年、マンフレドーニアはオスマン帝国の残虐な放火や略奪などの攻撃により被害を受け、城と城壁だけが残った。再建は遅れ、1800年代初頭に街道や港、商業の促進などが改善され、街は新たに拡大と成長した。

経済[編集]

アドリア海での漁港では最も活発で(ガルガーノの沿岸やトレーミティ諸島への海上交通の要所である)、またマンフレドーニア近郊のシポントでの海水浴は旅行者の人気の中心になっている。

その他[編集]

ホーエンシュタウフェン=アンジューの城、サンタ・マリア・ディ・シポントのバジリカ、サン・レオナルド教会などの建造物が記憶に残る。

脚注[編集]

外部リンク[編集]