サンチアゴ航空513便事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンチアゴ航空513便事件(サンチアゴこうくう513びんじけん)とは、アメリカのタブロイド紙ウィークリー・ワールド・ニュース、日本のオカルト雑誌ムー2001年9月放送のTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」といったメディアが、航空機が消息不明となった後、35年後に白骨死体を載せたまま突然現れたと主張する架空事件、都市伝説、事実確認のないマスコミの情報伝達上の事件であり、証拠となるものは存在しない。

概要[編集]

アメリカのタブロイド紙ウィークリー・ワールド・ニュースは、1989年11月14日号の15ページにおいて、以下のような事件が発生したと報じた[1]

1989年10月12日ブラジルポルト・アレグレ空港に1機のロッキード・スーパーコンステレーションが、管制塔の許可を得ずに着陸した。機内を調べると、乗客乗員あわせて92名全員が白骨死体となっていた。フライトレコーダーを調べてみると、同機は1954年9月4日西ドイツアーヘン空港からポルトアレグレ空港に向かっている途中で行方不明になっていたサンチアゴ航空513便だと判明したと上記のマスコミが伝えた。

ムー1990年3月号、並びに2001年9月放送のTBS系列のバラエティ番組「USO!?ジャパン」においても紹介された。これらのマスコミは、バミューダトライアングルに消えた航空機が帰ってくる「逆バミューダ・トライアングル現象」と報道した。ただし、同紙の主な記事はジョークであったり、何らかのパロディであることに注意する必要がある。

事件に関する傍証[編集]

  • ウィークリー・ワールド・ニュースは、記事中においてサンチアゴ航空(Santiago Airlines)は1956年に廃業したと述べているが、サンチアゴ航空という航空会社はICAOの記録に存在しない[2]。従って、サンチアゴ航空が運行していたとされるアーヘン空港からポルトアレグレ空港への直行便も実在しない。
  • アメリカのNPO法人Flight Safety Foundationの提供するウェブサイト、Aviation Safety Networkの航空事故一覧には、1956年9月4日、ならびに1989年10月12日に該当する事故が発生したという記録は存在しない[3]
  • ウィークリー・ワールド・ニュースは、1992年5月26日号において、リオ・デ・ジャネイロハバナ行のDC-3348便が1939年4月16日に行方不明になり(そのような直行便は存在しなかった)、53年後の1992年に36名の白骨化した乗客を載せてコロンビアボゴタの空港に着陸したという同様の事件を報じているが、ウィークリー・ワールド・ニュースは更に1994年7月5日号にも、着陸日時が違うだけの全く同じ内容の事件を報じている(ボゴタに着陸したのが1994年、55年後の出来事であると改められている)。また、そうした事故の記録もAviation Safety Networkの事故一覧には存在しない[3]
  • 自動操縦による初の着陸成功は1966年のことである。従って1954年当時の旅客機に、着陸が可能な自動操縦装置は存在せず装備され得ない。また後に開発された空港の設備に適合するはずもない。一般に、離陸後3分間と着陸前8分間は航空機事故が集中する「クリティカル・イレブン・ミニッツ(Critical 11 Minutes)」と呼ばれ、通常は操縦士の制御が必要である。よって、操縦士が白骨死体になっていた場合、通常の着陸を行うことは不可能である。
  • 自動着陸装置を持った最初の旅客機はホーカー・シドレー トライデントで、これは1964年に路線就航している。故に、それよりも前に路線就航しているスーパーコンステレーションは自動着陸出来ないはずである。またフライトレコーダーが搭載されはじめたのも同時期である。
  • ブラジルの新聞や他のマスコミ、例えばポルトアレグリ(こちらの発音に近い)発行のZero Horaなどに、該当事件の記事がない。

該当事件に関する物証はなく、この話題は上記マスメディアのオリジナルフィクションであると考えられる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Did plane missing for 35 years fly through time warp?” (英語). Weekly World News: p. 15. (1989年11月14日). https://books.google.co.jp/books?id=TuwDAAAAMBAJ&lpg=PA1&hl=ja&pg=PA15#v=onepage&q&f=false 2015年12月22日閲覧。 
  2. ^ Chapter 3. ICAO Aircraft Company Three-Letter Identifier and/or Telephony Designator Assignments and U.S. Special Telephony/Call Signs”. アメリカ合衆国連邦航空局. 2012年12月28日閲覧。
  3. ^ a b Aviation Safety Network”. Flight Safety Foundation. 2012年12月28日閲覧。

関連項目[編集]