サムソー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サムソー
Samsoe
分類 セミハードタイプ
原料 牛乳[1][2]
原産国 デンマーク
原産地 サムソー島(サムセー島)
生産期間 一年中[3]
形状 基本的に直方体で、まれに円盤もあり[3]
重量 直方体タイプは15kg[3]
脂肪分 45%
表皮 リンドレス[4]
熟成 1-3箇月。5箇月を超えるものもあり[4]
呼称統制 なし[4]
テンプレートを表示

サムソー (Samsø, Samsoe) はデンマークサムソー島において牛乳から作られるセミハードタイプのチーズ[2]。デンマーク産チーズとしてはローランド島マリボーと並んでトップクラスのメジャーなチーズ[3]。19世紀にスイスエメンタールチーズ[2]またはグリュイエールチーズ[3][4]の製法を移入したとされる。これは1870年代にアメリカロシアから穀物が安価で輸入されたことにより、穀物生産が主体であったデンマークの農業構造を転換する必要に迫られたためで、国王クリスチャン9世による決定という[4]。名称について、かつてはデンマークのスイスチーズと呼ばれていたものが1952年に政令によりサムソーと名付けられた[5]。形状について、当初は円盤形であったが、いつごろからか明らかではないものの、輸出など輸送の際に積載面で有利となる直方体のタイプが主流となっている[2]。表皮のないリンドレスタイプで、内部は小豆大の気孔が見られる[4]。日本ではシュレッドチーズの原料として使われるケースが多い[2]

わずかに甘みが感じられ、全般的にクセのないマイルドな味わい[3]ピザグラタンチーズフォンデュに使ってもよいし、軽めのワインとあわせてそのまま食してもよい[3]。サラダやサンドイッチに入れるのもあり[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献『チーズ入門』による。
  2. ^ a b c d e f 『チーズ入門』 日本食糧新聞社〈食品知識ミニブックスシリーズ〉、2017年、52頁。ISBN 9784889272604https://books.google.co.jp/books?id=FJcptAEACAAJ 
  3. ^ a b c d e f g 本間るみ子、主婦の友社編 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、130-131頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  4. ^ a b c d e f NPO法人チーズプロフェッショナル協会 『世界のチーズ図鑑』 マイナビ、2015年、153頁。ISBN 9784839954802https://books.google.co.jp/books?id=W4mYCgAAQBAJ 
  5. ^ Denmark.ppt - denmark - cheese.pdf (PDF)”. ミズーリ大学セントルイス校. 2018年9月8日閲覧。