コールマン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コールマン島
Coulman Island
Coulman Island.jpg
コールマン島(1998年2月撮影)
コールマン島の位置(南極大陸内)
コールマン島
コールマン島
コールマン島 (南極大陸)
コールマン島の位置
地理
場所 南極ロス海
座標 南緯73度29分 東経169度45分 / 南緯73.483度 東経169.750度 / -73.483; 169.750座標: 南緯73度29分 東経169度45分 / 南緯73.483度 東経169.750度 / -73.483; 169.750
面積 342.6[1] km2 (132.3 sq mi)
長さ 33.3 km (20.69 mi)
14.8 km (9.2 mi)
最高標高 1,998 m (6,555 ft)
行政
南極条約 ニュージーランドロス海属領として領有権を主張
テンプレートを表示

コールマン島(コールマンとう、: Coulman Island)は、南極ロス海にある火山島である。島はニュージーランドが領有権を主張しているロス海属領内に位置しているが、南極条約に基づき領有権は凍結されている。

地理[編集]

南極大陸東南極ヴィクトリアランドジョーンズ岬英語版の南東17kmに位置している。氷に覆われた島は複数の楯状火山で構成され、長さ33.3km、幅14.8km、面積342.6km²、最高地点は海抜1,998mに達し、島の南部には幅4.8km、深さ701mに及ぶコールマンカルデラが存在する。島にはコウテイペンギンが生息している。

歴史[編集]

島は1841年1月にジェームズ・クラーク・ロスによって発見され、島の名前はロスの義理の父であるトーマス・コールマンに因んで名付けられた[2]。また、島の南端の岬は妻の名を記念してアン岬英語版と名付けられている。島の北端のワズワース岬英語版には1902年1月にロバート・スコットが島へ上陸した際に設置した南極史跡記念物英語版に指定されている伝言ポスト(史跡番号:HSM-70)が存在する[3]

コールマン島と周辺の地形図

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ISLAND DIRECTORY UN SYSTEM-WIDE EARTHWATCH, 2019年8月30日閲覧。
  2. ^ Coulman Island アメリカ地質調査所地名情報システム, 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ Liste der Historischen Stätten und Denkmäler als Anhang 3 der Antarktis-Schutzgebietsverordnung vom 25. April 2005, BGBl. 2005 Teil II Nr. 10, S. 386 ff., 2019年8月30日閲覧。

 この記事にはアメリカ合衆国政府の著作物であるアメリカ地質調査所が作成した次の文書本文を含む。"コールマン島" (Geographic Names Information Systemより)