コンダ (カンタル県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Condat
Blason ville fr Condat 15.svg
Condat (Cantal).JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) カンタル県Blason département fr Cantal.svg
(arrondissement) サン=フルール郡
小郡 (canton) コンダ小郡
INSEEコード 15054
郵便番号 15190
市長任期 ジャン・マジュ
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Cézallier
人口動態
人口 1011人
2011年
人口密度 25人/km2
住民の呼称 Condatais
地理
座標 北緯45度20分30秒 東経2度45分27秒 / 北緯45.3416666667度 東経2.7575度 / 45.3416666667; 2.7575座標: 北緯45度20分30秒 東経2度45分27秒 / 北緯45.3416666667度 東経2.7575度 / 45.3416666667; 2.7575
標高 平均:m
最低:672 m
最高:1266 m
面積 40.24km2
Condatの位置(フランス内)
Condat
Condat
テンプレートを表示

コンダ (Condat) は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏カンタル県コミューン。一般的にはコンダタン=フェニエ (Condat-en-Féniers) の名が知られている。

地理[編集]

ヴェルネ地区を流れるボンジョン川

コミューンは、ヴォルカン・ドーヴェルニュ地域圏自然公園の一部である。リュ川、サントワール川、ボンジョン川、3つの河川が合流する地点にある。海抜700mほどの地点に町はあり、アルタンス地方とセザリエ地方の両高原の中間の谷にあたる。コンダは北のサンシー山地、南のカンタル山地との中間にある。

交通[編集]

マルスナ、アランシュ、ヌサルグ=モワサック方面へ向かう県道679号線、リオメス=モンターニュへ向かう県道678号線、モンブディフへ向かう県道62号線、東へ向かう県道536号線が通じる。

歴史[編集]

第二次世界大戦中、第一次世界大戦の退役軍人のパポンがコンダでドイツ兵に銃撃されて殺害された。パポンは聴覚に障害があり、止まれと命令する声が聞こえなかったが、彼は町のヴェルネ地区からそれほど離れていないところで銃撃された。現在、この悲劇的な事件を記録する石碑が、モングレレ方面へ向かう道路上に立てられている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
1657 1592 1481 1438 1262 1121 1025 1011

参照元:1999年まではEHESS[1]、2004年以降はINSEE[2][3]

脚注[編集]