コバム子爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コブハム子爵から転送)
Jump to navigation Jump to search
コバム子爵リトルトン家の紋章

コバム子爵英語: Viscount Cobham)は、イギリス子爵位。グレートブリテン貴族

陸軍軍人第4代準男爵リチャード・テンプル1718年に叙されたのに始まる。彼の妹ヘスター英語版クリスティアンへの特別継承権が認められた爵位であり、はじめヘスターの子孫であるグレンヴィル家、ついでクリスティアンの子孫であるリトルトン家に継承されて現在に至っている。グレンヴィル家はバッキンガム=シャンドス公爵などさらに上級の爵位に叙された。一方リトルトン家にとってはこの爵位が最上位爵位である。

歴史[編集]

コバム子爵邸ハグレイ・ホール英語版

ストーのテンプル準男爵家の第4代当主リチャード・テンプル(1669–1749)は、陸軍軍人として初代マールバラ公ジョン・チャーチルの指揮下でスペイン継承戦争を戦い、四カ国同盟戦争ではイギリス軍の指揮官を務めた[1]。戦功により1718年5月23日グレートブリテン貴族爵位「初代コバム子爵 (Viscount Cobham)」と「ケント州におけるコバムの初代コバム男爵英語版 (Baron Cobham, of Cobham in the County of Kent)」に叙せられた。また彼には子供がないことが考慮され、この2つの爵位は妹のヘスター英語版(1690頃-1752)(リチャード・グレンヴィル英語版と結婚)とクリスティアン(-1748)(第4代準男爵トマス・リトルトン英語版と結婚)への特別継承権を認めていた[2][3]

そのため、1749年9月13日に初代子爵が死去した際、庶民院議員リチャード・グレンヴィルと結婚していたヘスターが第2代コバム女子爵位を継承した。さらに彼女は同年10月18日にグレートブリテン貴族爵位「テンプル女伯爵(Countess Temple)」に叙せられた[4][5]

ヘスターの死後、彼女の長男であるリチャード・グレンヴィル英語版(1711–1779)が第2代テンプル伯爵位と第3代コバム子爵位を継承した。彼は後にテンプル姓を加えて「グレンヴィル=テンプル」に改姓している。しかし彼には男子がなかった[5]

一方ヘスターの次男であるジョージ・グレンヴィル(1712-1770)ホイッグ党の政治家として政界の中枢で活躍し、1763年から1765年にかけて首相を務めている[6]。彼は4人の男子に恵まれた。そのため1779年9月12日に2代テンプル伯が死去するとジョージの同名の長男であるジョージ・グレンヴィル(1753–1813)が第3代テンプル伯爵位と第4代コバム子爵位を継承した。彼はこの継承の際にテンプル姓や妻の実家の家名を加えて「ニュージェント=テンプル=グレンヴィル」に改姓している[5][7]。彼は小ピット政権で閣僚職を歴任し、1784年12月4日に「バッキンガム侯爵(Marquess of Buckingham)」に叙せられ、また1788年10月13日には岳父(妻の父)ロバート・ニュージェント英語版から特別継承権でアイルランド貴族爵位の第2代ニュージェント伯爵英語版位を継承している[8][9]。ちなみに彼の弟である初代グレンヴィル男爵ウィリアム・グレンヴィルも政界で活躍し、1806年から1807年にかけてフォックスと連携して総人材内閣英語版を組閣して首相を務めたことで知られる[10]

1813年2月11日に初代バッキンガム侯が死去し、その長男であるリチャード(1776–1839)が第2代バッキンガム侯爵位・第4代コバム子爵位を継承した。彼は1799年に妻の実家の家名(ブリッジス)と爵位名(シャンドス公爵)を加えて「テンプル=ニュージェント=ブリッジス=シャンドス=グレンヴィル」と改姓し、さらに1822年2月4日には連合王国貴族爵位「バッキンガム=シャンドス公爵(Duke of Buckingham and Chandos)」と「シャンドス侯爵(Marquess of Chandos)」と「ストーのテンプル伯爵(Earl Temple of Stowe)」に叙せられた[11][12]

彼の孫である第3代バッキンガム=シャンドス公(7代コバム子爵)リチャード(1823–1889)1889年3月26日に男子なく死去した際、バッキンガム=シャンドス公爵位、シャンドス侯爵位、バッキンガム侯爵位、テンプル伯爵位など多くの爵位が廃絶したが、コバム子爵位は初代コバム子爵の妹クリスティアン・リトルトン(-1748)の家系も継承可能だったため、クリスティアンの玄孫にあたる第5代リトルトン男爵英語版チャールズ・リトルトン英語版(1842–1922)が、第8代コバム子爵位を継承した[3][13]

リトルトン家はコバム子爵位を継承する前から「ウスター州におけるフランクリーのリトルトン男爵 (Baron Lyttelton, of Frankley in the County of Worcester)」(1794年8月13日創設グレートブリテン貴族)と「ロングフォード州におけるバリーモアのウェストコート男爵 (Baron Westcote, of Ballymore in the County of Longford)」(1776年4月29日創設のアイルランド貴族)、そしてイングランドの準男爵位を保持していた[14]

10代コバム子爵チャールズ・リトルトン(1909–1977)1957年から1962年にかけてニュージーランド総督を務めた[3]

2015年現在の当主はその次男である12代コバム子爵クリストファー・リトルトン英語版(1947-)である[3][15]

本邸はウェスト・ミッドランズハグレイ・ホール英語版[3]。家訓は「一人の神、一人の王(Ung Dieu, Ung Roy)」[3]

現当主の保有爵位/準男爵位[編集]

現在の当主12代コバム子爵クリストファー・リトルトン英語版は以下の爵位・準男爵位を所持している[3][15]

一覧[編集]

(ストーのテンプル)準男爵 (1611年)[編集]

コバム子爵 (1718年)[編集]

テンプル伯 (1751年)[編集]

バッキンガム侯 (1784年)[編集]

バッキンガム=シャンドス公 (1822年)[編集]

コバム子爵 (1718年)[編集]

系図[編集]

 
 
 
ピーター・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンソニー・テンプル
 
 
 
 
ジョン・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウィリアム・テンプル英語版
(1555-1627)
 
 
 
 
初代準男爵
トマス・テンプル
英語版

(1567-1637)
 
 
 
 
アレグザンダー・テンプル
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・テンプル英語版
(1600-1677)
 
 
2代準男爵
ピーター・テンプル
英語版

(1592–1653)
 
ジョン・テンプル
 
 
ジェイムズ・テンプル英語版
(1606-1680)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョン・テンプル英語版
(1632-1705)
 
 
3代準男爵
リチャード・テンプル
英語版

(1634–1697)
 
ピーター・テンプル
(1613-1660)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル
英語版

(1673-1757)
 
初代コバム子爵
リチャード・テンプル

(1669–1749)
 
 
 
エレノア・テンプル
(-1729)
m. リチャード・グレンヴィル
(1647-1719)
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスティアン・リトルトン
(-1748)
m.4代準男爵トマス・リトルトン英語版
(-1751)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テンプル卿
ヘンリー・テンプル
(-1740)
 
 
初代テンプル女伯
2代コバム女子爵
ヘスター・グレンヴィル
英語版

(1690-1752)
 
リチャード・グレンヴィル英語版
(1678-1727)
 
 
 
 
 
 
初代リトルトン男爵
ジョージ・リトルトン
英語版

(1709-1773)
 
初代リトルトン男爵
ウィリアム・リトルトン
英語版

(1724-1808)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代パーマストン子爵
ヘンリー・テンプル
英語版

(1739-1802)
 
2代テンプル伯・3代コバム子爵
リチャード
グレンヴィル=テンプル
英語版

(1711-1779)
 
ジョージ・グレンヴィル
(1712-1770)
首相(在職1763–65)
 
 
 
ヘスター・ピット英語版
(1720-1803)
m.大ピット
(1708-1778)
首相(在職1766–68)
 
2代リトルトン男爵
ジョージ・リトルトン
英語版

(1763-1828)
 
3代リトルトン男爵
ウィリアム・リトルトン
英語版

(1782-1837)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代パーマストン子爵
ヘンリー・ジョン・テンプル

(1784-1865)
首相(在職1855–58,1859–65)
 
 
 
初代バッキンガム侯・4代コバム子爵
ジョージ
テンプル=グレンヴィル

(1753–1813)
 
初代グレンヴィル男爵
ウィリアム・グレンヴィル

(1759-1834)
首相(在職1806–07)
 
小ピット
(1759-1806)
首相(在職1783–1801,1804–06)
 
 
 
 
 
4代リトルトン男爵
ジョージ・リトルトン
英語版

(1817-1876)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
初代バッキンガム公・5代コバム子爵
リチャード
テンプル=グレンヴィル

(1776-1839)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代コバム子爵
チャールズ・リトルトン
英語版

(1842-1922)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代バッキンガム公・6代コバム子爵
リチャード
テンプル=グレンヴィル
英語版
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代コバム子爵
ジョン・リトルトン
英語版

(1881-1949)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代バッキンガム公・7代コバム子爵
リチャード
テンプル=グレンヴィル

(1823-1889)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10代コバム子爵
チャールズ・リトルトン

(1909-1977)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
11代コバム子爵
ジョン・リトルトン
英語版

(1943-2006)
 
12代コバム子爵
クリストファー・リトルトン
英語版

(1947-)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ Heathcote 1999, p. 272-273.
  2. ^ Lundy, Darryl. “Lt.-Gen. Richard Temple, 1st Viscount Cobham” (英語). thepeerage.com. 2015年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Cobham, Viscount (GB, 1718)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月17日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Hester Temple, Countess Temple” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  5. ^ a b c Heraldic Media Limited. “Temple, Earl (GB, 1749 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月21日閲覧。
  6. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 299.
  7. ^ Lundy, Darryl. “George Nugent-Temple-Grenville, 1st Marquess of Buckingham” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  8. ^ Heraldic Media Limited. “Buckingham, Marquess of (GB, 1784 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月21日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Robert Nugent, 1st Earl Nugent” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  10. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 300.
  11. ^ Heraldic Media Limited. “Buckingham and Chandos, Duke of (UK, 1822 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月21日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Richard Temple-Nugent-Brydges-Chandos-Grenville, 1st Duke of Buckingham and Chandos” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  13. ^ Lundy, Darryl. “Charles George Lyttelton, 8th Viscount Cobham” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  14. ^ Heraldic Media Limited. “Lyttelton, Baron (GB, 1794)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月21日閲覧。
  15. ^ a b Lundy, Darryl. “Christopher Charles Lyttelton, 12th Viscount Cobham” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]