ジャン=バティスト・ヴァン・ロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャン=バティスト・ヴァン・ローの肖像画

ジャン=バティスト・ヴァン・ローフランス語: Jean-Baptiste van Loo1684年1月14日 - 1745年12月19日)は、フランス王国肖像画家。

生涯[編集]

エクス=アン=プロヴァンスで生まれ、父のルイ=アブラム・ヴァン・ロー英語版より美術の手ほどきを受ける。少年期から教会や公的な建物の装飾用絵画を描いていたこともあり、トゥーロンでも似たような仕事を得たが、1707年のトゥーロン包囲戦によりたち退くことを余儀なくされた[1]

カリニャーノ公ヴィットーリオ・アメデーオ1世の援助を受けてローマへ行くと、ベネデット・ルティ英語版の教育を受けた。ローマでも教会の絵画の仕事を受けることが多く、特にサンタ・マリア・イン・モンティチェッリ英語版で描いた「キリストの鞭打ち」は多くの賞賛を受けた。トリノではサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世など宮廷の人々の肖像画を描いた。続いてパリに移ると王立絵画彫刻アカデミーの会員に選出され、教会の祭壇の装飾画を描いたり、フォンテーヌブローフランチェスコ・プリマティッチオの作品を修復したりした[1]

1737年にイングランドに向かうと、コリー・シバー英語版オーウェン・スィニー英語版の肖像画で注目を受ける。そのうちスィニーの肖像画はヴァン・ローの多くの作品と同じく、ジョン・フェーバー・ジュニア英語版の手によってメゾチント処理がなされた。財務大臣の服飾を着たロバート・ウォルポールの肖像画も描いており、こちらはナショナル・ポートレート・ギャラリーの所蔵となっている。またプリンス・オブ・ウェールズフレデリック・ルイスとその妻オーガスタ・オブ・サクス=ゴータの肖像画を描いていた。しかし、健康が悪くなってきたためイングランドには長く留まらず、1742年にパリに戻ったのち故郷のエクス=アン=プロヴァンスに向かい、1745年12月19日にそこで死去した。彼の描く肖像画は印象的で原本に忠実であり、本人よりきれいになるように描くことは少なかった[1]

ギャラリー[編集]

ガラテイア凱旋、1720年作。
エルミタージュ美術館所蔵。 
フランスおよびナヴァール王ルイ15世、1723年頃。
ヴェルサイユ宮殿所蔵。 
クレルモン伯爵に神聖勲章英語版を授与するルイ15世、1730年作。
ヴェルサイユ宮殿所蔵。 

家族[編集]

弟のシャルル=アンドレ、息子のルイ=ミシェルフランソワシャルル=アメデー=フィリップも画家の道を歩んだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b c  この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Vanloo, John Baptist". Encyclopædia Britannica (英語). 27 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 895. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ジャン=バティスト・ヴァン・ローに関するカテゴリがあります。