コスモス2251号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス2251号 (Космос-2251)
所属 ロシアの旗 ロシア
主製造業者 Reshetnev設計局
国際標識番号 1993-036A
カタログ番号 22675
状態 運用終了
目的 軍事通信
設計寿命 5年
打上げ機 コスモス3M
打上げ日時 1993年6月16日04:20(UTC)
消滅日時 2009年2月11日
(衝突事故により破壊)
物理的特長
本体寸法 直径 2.04 m × 全長 3.00 m
質量 900 kg
姿勢制御方式 スピン安定
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道
近点高度 (hp) 783 km
遠点高度 (ha) 821 km
離心率 (e) 0.0016015
軌道傾斜角 (i) 74 度

コスモス2251号:Космос-2251) とはロシア連邦が打ち上げたストレラ2M型軍事通信衛星である。52機製造された同型式の内、51番目に製造された。

1993年6月16日4時20分(UTC)にプレセツク宇宙基地からコスモス3Mロケットで打ち上げられた[1]1990年代末には運用を終了していたが、2009年2月11日16時55分(UTC)、北シベリア上空約790kmでイリジウム社の運用する通信衛星イリジウム33と衝突し、500個以上のスペースデブリを発生させた[2]。これは人工衛星同士の非意図的な衝突としては世界初のものである。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]