コスモス167号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コスモス167号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1967-063A
カタログ番号 02852
状態 運用終了
目的 金星探査
打上げ機 モルニヤ-M
打上げ日時 1967年6月17日
消滅日時 1967年6月25日
質量 1106kg
軌道要素
周回対象 地球
軌道 低軌道
宇宙待機軌道
近点高度 (hp) 187km[1]
遠点高度 (ha) 266km[1]
軌道傾斜角 (i) 51.8[1]
軌道周期 (P) 89.2分[1]

コスモス167号ロシア語: Космос-167、ラテン文字表記の例: Kosmos 167, Cosmos 167)とは、1967年ソビエト連邦が打ち上げた宇宙機である。金星探査機として宇宙待機軌道に打ち上げられたが、金星へ向かう軌道に乗せることができなかったため、コスモス衛星の名前が与えられた[2]

飛行[編集]

コスモス167号は1967年6月17日にモルニヤ-Mロケットによりバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。しかし上段ロケットの不具合のため金星へ向かう軌道に移行できず、地球周回軌道を回り続けた。打ち上げ8日後の6月25日、地球の大気圏に再突入した[1]

この探査機は5日先立って打ち上げられたベネラ4号と同様の設計だったと考えられている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Launch/Orbital information for Cosmos 167”. NASA NSSDC. 2013年10月4日閲覧。
  2. ^ a b Cosmos 167”. NASA NSSDC. 2013年10月4日閲覧。

関連項目[編集]