ベネラ7号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベネラ7号
所属 ソビエト連邦
国際標識番号 1970-060A
カタログ番号 04489
状態 運用終了
目的 着陸
観測対象 金星
打上げ日時 1970年8月17日
最接近日 1970年12月15日
運用終了日 1970年12月15日

ベネラ7号(ベネラ7ごう)は、ソビエト連邦の金星探査 計画、ベネラ計画の一つ。1970年8月17日に打ち上げられ、1970年12月15日金星に初めて着陸した探査機。当初の計画では金星の地表に着陸し、その後も動作し続けるものだったが、予想していたものよりも高い高温により、着陸後、電池が切れるまでの23分で通信が途絶えた。その中でもベネラ7号は探査を続け、温度(465℃)、圧力(90気圧)などのデータを地球に送信した。この日、ベネラ7号は別の惑星表面からデータを送った最初の探査機となった。


関連項目[編集]