ベネラ10号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベネラ10号
"Венера-10".jpg
ベネラ10号のオービター
所属 ソビエト連邦
任務 オービターとランダー
周回対象 金星
軌道投入日 1975年10月23日
打上げ日時 1975年6月14日
COSPAR ID 1975-054D
質量 2300 kg
軌道要素
離心率 0.8798
軌道傾斜角 29.5°
遠点高度 19.82 RV
近点高度 1.27 RV
軌道周期 49.4時間

ベネラ10号(Venera 10、ロシア語: Венера-10)は、ソビエト連邦の無人の金星探査機である。オービターランダーで構成され、1975年6月14日3時00分31秒(UTC)に打ち上げられた。

オービター[編集]

オービターは1975年10月23日に金星の大気圏に入った。ミッションは、ランダーからの通信の中継と雲の層及び大気の探索であった。

オービターは、次のような機器を搭載していた。

オービターは、2つの太陽電池の翼と高利得パラボラアンテナを付けた円筒形をしている。ベル型のユニットは推進システムを収蔵し、円筒形の底に接続し、頂部にはランダーを収蔵する直径2.4mの球体が接続していた。

ランダー[編集]

ベネラ10号の着陸位置

1975年10月23日、ランダーはオービターから分離され、10月25日5時17分(UTC)に着陸した。

熱負荷を分散させるためには、液体の循環が用いられた。このシステムと再突入前の事前冷却により、ランダーは、オービターとの通信が回復した着陸65分後からの運用が可能となった。降下中、熱の散失と減速は、半球状の殻と3つのパラシュート、円盤型のブレーキ、ドーナツ型の圧縮金属着陸クッションで連続的に行われた。

着陸地点は、3日前に着陸したベネラ9号のランダーの着陸地点から約2,200km離れており、北緯15.42°東経291.51°の地点から半径150kmの範囲であった。ベネラ10号は、地上の風速が3.5m/sであることを観測した。その他の測定には、様々な高さでの気圧、気温、表面光度等があった。ベネラ10号は、金星表面から白黒テレビ画像を地球に送信した2期目の探査機となった。ベネラ10号の写真は、パンケーキ型の溶岩がある様子を示した。計画された360°のパノラマ画像は、ベネラ9号と同様に2つのカメラのレンズカバーの1つが外れなかったために撮影できず、180°の写真となった。

ランダーは、次のような機器を搭載していた。

関連項目[編集]