コガクウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コガクウツギ
Hydrangea luteovenosa kogakuutug01.jpg
分類APG植物分類体系
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: アジサイ属 Hydrangea
: コガクウツギ H. luteovenosa
学名
Hydrangea luteovenosa

コガクウツギ(小額空木、小萼空木、学名:Hydrangea luteovenosa)は、アジサイ科アジサイ属落葉性低木。名の由来はガクウツギよりも花が小さいことによる。

特徴[編集]

本州の東海地方以西、四国九州に分布する。樹高は最大でも2mほど。通常1m - 2m。枝は赤紫色から黒紫色で、にはつやがある。葉は単葉で対生で長楕円形または楕円形。谷間の二次林などに日陰に多く自生する。日本では初夏である5月 - 7月にかけて白いをつける。枝先に散房花序をつけ、両性花装飾花がいっしょにつく。花びらに見えるのは装飾花のガクである。花径は3cm - 5cm。特に日当たりのよい場所では道沿いなどでは多くの花数が見られることがある。芳香を放つ。果実は朔果で約5mmで9月 - 10月につく。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本Ⅰ』(1989年)平凡社

外部リンク[編集]