ガクウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガクウツギ
Hydrangea_scandens
Hydrangea_scandens
分類APG植物分類体系
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: アジサイ属 Hydrangea
: ガクウツギ H. scandens
学名
Hydrangea scandens

ガクウツギ(額空木:Hydrangea scandens)は、関東地方以南に見られる日本原産の被子植物、名前にウツギ(空木)の名前が入っているがアジサイ科の低木の一種[1]で、アジサイのように萼片が大きくなるが3つの萼片の大きさが異なるのが特徴[2]

葉は4-7cmの長さで、縁は浅い鋸歯があり、先端はとがっている。5月から6月に花が咲き、散房花序は直径7-10㎝。装飾花は直径2.5-3㎝、萼片は3個、大きさが違い、白色、ときに淡黄色を帯びる[3]

日当たりのよいところでは、ときに紺色をおびて金属的な光沢を生じることから「コンテリギ(紺照木)」の別名もある[4]

Hydrangea petiolarisのシノニムで、Hydrangea anomalaの亜種と見なされることもある[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Ohwi, Jisaburo (1965). Flora of Japan. Smithsonian Institution. p. 512 
  2. ^ Hydrangea scandens ,Flower and Garden in Japan and more…
  3. ^ ガクウツギ _ , Flora of Mikawa
  4. ^ ガクウツギ , 高尾山の宝物たち _ TAKAO 599 MUSEUM
  5. ^ Tropicos.org”. 2014年4月4日閲覧。