コウキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コウキ
Pterocarpus santalinus in Talakona forest, AP W IMG 8145.jpg
インド チットゥール県タラコナの森のコウキ
保全状況評価[2]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 EN.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: ツルサイカチ連 Dalbergieae
: インドカリン属 Pterocarpus
: コウキ P. santalinus
学名
Pterocarpus santalinus L.
和名
コウキ(紅木)[3][4]
コウキシタン(紅木紫檀)[3][4]
シタン(紫檀)[5]
ミツバシタン[4]
サンタルシタン[4]
英名
Red Sander
Redsander
Red Sandalwood

コウキ (紅木、Pterocarpus santalinus[3])は、マメ亜科の小高木の1種である[6]インド南部スリランカ原産。

他に、コウキシタンミツバシタンサンタルシタンシタンなどの和名がある。ただし、正確にはシタンツルサイカチ属(の複数種または1種)であり、本種(コウキ)をシタンとするのは誤りだという指摘もある[7][4]。属名もシタン属とするのは誤りとされるので[3]、ここではインドカリン属とする[7]。また、この種をヤエヤマシタン、インドシタン、インドカリンとする資料もあるが[8]、これらの和名はカリンに充てるのが普通である。

インド南部原産。

木材[編集]

山岳材は緻密で固く、製材木屑は紅色で、空気に触れて黒褐色となる。

日本では古くから三味線の棹などに使用される高級銘木の1種である。

危機状況[編集]

自生する紅木資源の減少が著しく、現在ワシントン条約(CITES)付属書2類に指定され、国際取引に規制がある。

インド国内法等でも取引が厳しく規制されている。

2008年現在では中国の高級家具市場での需要と価格の高騰により、日本の三味線業界等への供給はほぼストップした模様である。

広義の「紅木」[編集]

中国で使われる「紅木」の意味は、広くは銘木(特に色が赤〜黒い木)の総称である[9]が、種類が多く市場でも混乱してきたため、2000年に中華人民共和国国家標準 GB/T 18107 として以下の5属33種を紅木と定めた[10]

なお、中国の植物学上「紅木」というのはベニノキのことであって、上記の「紅木」と異なる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Engelhardia roxburghiana(黄杞)”. Flora of China @ efloras.org (1831年). 2011年10月7日閲覧。
  2. ^ CAMP Workshops on Medicinal Plants, India (January 1997) (1998年). "Pterocarpus santalinus". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3. International Union for Conservation of Nature. 
  3. ^ a b c d 緒方健 (2009), “シタン 紫檀”, in 下中直人, 世界大百科事典, 2009年改訂版, 平凡社 
  4. ^ a b c d e インドカリン属の樹木(その3) - 平井信二
  5. ^ 小林義雄シタン[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  6. ^ 新村出, ed. (1998), “こうき【紅木】”, 広辞苑, 第五版, 岩波書店 
  7. ^ a b インドカリン属の樹木(その1) - 平井信二
  8. ^ 日外アソシエーツ, ed. (2008), “ヤエヤマシタン”, 植物3.2万名前大辞典, 紀伊國屋書店 
  9. ^ たとえば、「北京・商務印書館; 小学館, eds. (1992), “红木”, 中日辞典, 小学館 」には「マホガニー」の訳語がある。
  10. ^ 《红木》国家标准 GB/T 18107--2000, 古典家具网, http://www.cfucn.com/jjzs/h/20130103/23454.html