ゲーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲーデ (Guede, Ghede) またはゲデ (Gede) は、ハイチヴードゥー教における死神

死とセックスロアとされており、古ぼけて擦り切れ、破れた黒い山高帽と燕尾服を着た男の姿をしており、死者がギネー(ギニア=神々の住処)に向かう途中にある「永遠の交差点」に立っているという。生きてきた全ての人間を知っている為、彼は非常に賢明である。その一方でひどく下品な態度や言葉遣いをし、非常に陽気で葉巻と酒が大好物である。人間に憑依してその口を借り、好きな事を喋らせる事ができる。

土曜男爵 (Baron Samedi) 、十字架男爵 (Baron La Croix) 、墓地男爵 (Baron Cimetiere) などの別名をもつ。

また、生と死の間の仲介者とも言われる。