ケーニッグゼグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケーニグセグ
Koenigsegg Automotive AB
Koenigsegg logotype2014.png
本社所在地 スウェーデンの旗 スウェーデン
スウェーデンエンゲルホルム、Margretetorp
設立 1993年
業種 輸送用機器
事業内容 自動車の製造,販売
代表者 クリスチャン・フォン・ケーニグセグ(創業者)
外部リンク http://www.koenigsegg.com [[1]], http://www.koenigsegg.jp [[2]]
テンプレートを表示

ケーニグセグ・オートモーティブKoenigsegg Automotibe AB )は、1994年にスウェーデン南部、エンゲルホルムに設立されたスーパーカーメーカーである。

概要[編集]

CCR

1994年、1971年生まれの実業家・クリスチャン・フォン・ケーニグセグ[1]によって設立された。

2005年に発売されたスーパーカー、ケーニグセグ・CCRの公称の最高時速はイタリアのナルド・サーキットにおいて395km/h(806馬力 0~100km/h加速3.2秒)と、市販車でのギネス世界記録を樹立したが、この記録は2007年アメリカのスーパーカー、SSC・エアロが出した最高時速414.3km/hによって更新された。CCRの新車車両本体価格は385,000であった。

なお、2014年3月にジュネーブショーにて発表された「One:1」は最高時速440kphを記録し、世界最速の公道仕様車となる。

サーブ買収の試み[編集]

2009年6月、GMが経営再建のため傘下の自動車メーカーであるサーブをケーニグセグに売却する計画が発表され[2]、同年8月18日付けで正式契約された[3]。この買収にかかる資金調達のため、スウェーデン政府へ追加融資を要請した[4]。また、ケーニグセグが中国の北京汽車からの出資(株式の譲渡)を受け入れることも明らかとなった[5][6]

だが2010年には資金不足により白紙化され、サーブのブランド権はスパイカー・カーズに売却された。

車種一覧[編集]

現行車種[編集]

過去の車種[編集]

日本での販売[編集]

2005年3月に設立されたケーニグセグ・ジャパン(東京都港区)が正規輸入販売を行っていた。しかし2008年に発生した世界的な金融危機を受け、事業見直しの結果日本からの撤退が決定した。

2014年6月にCEOのクリスチャン・ケーニグセグが来日。アジア・中東の顧客の増加と日本での景気回復を受け、日本への再進出を検討し始めたことをインタビューで明かした。[7] 高級スポーツカー市場の好調な伸びに後押しをされる形で、実に8年ぶりにケーニグセグ・ジャパンが正式に発足されることが発表された。

名称について、同社が「ケーニッグゼグ」というカタカナ表記を用いている一方、マスメディアにおいては「ケーニグセグ」をはじめとする表記のゆれもみられる。

脚注[編集]

  1. ^ 1971年7月2日生まれ。
  2. ^ IBTimes「米GM、サーブをスウェーデン高級スポーツ車メーカー・ケーニグセグに売却」2009年6月16日
  3. ^ Response「GMとケーニグセグ、サーブ売却手続きが完了」2009年8月19日
  4. ^ Bloomberg「ケーニグセグがサーブ買収資金計画を提出」2009年9月8日
  5. ^ Bloomberg「中国の北京汽車、GM傘下のサーブ買収目指す連合に参加」2009年9月10日
  6. ^ Reuters「ケーニッグゼグが北京汽車からの出資受け入れで合意」2009年9月10日
  7. ^ Response.jp「【インタビュー】CEOに聞く、ケーニグセグの哲学…デザインと実用性両立したスーパーカー」2014年6月25日

外部リンク[編集]