ケベック協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ケベック協定: Quebec Agreement)は、イギリスカナダアメリカ合衆国の公文書で、イギリスとアメリカ合衆国間で開発の情報の秘密化を決めた二国間協定である。この文章は1943年8月19日にカナダケベック・シティーで催されたケベック会談において、ウィンストン・チャーチルフランクリン・ルーズベルトにより調印された。

従前米英は原子力爆弾の開発において協調関係にあったが、米国政府はウィンストン・チャーチルがそれとは全く別にイギリス独自での原爆開発計画の準備を行なっているという情報を入手した。実際、イギリスはアメリカが核兵器開発においてその開発力を背景に主導権を握りイギリスを出し抜いているのではないかという懸念から、アメリカの核が自国に与えるリスクを感じていた。一方で、イギリスが独自に核兵器の開発を行うという情報に驚いたアメリカは、連合国内での核兵器開発を一本化するために米国の核兵器開発に関与していたイギリス及びカナダとの協力関係を確かなものにする必要に迫られた。アメリカは、協調関係を明文化する文書の合意獲得に乗り出し、1943年7月、イギリスの国防上の懸念を払拭し、合意書の作成にこぎつけた。

その合意書、いわゆる「ケベック協定」の正式なタイトルは、チューブ・アロイズに関するアメリカとイギリスの政府間の共同管理に関する協定文章("Articles of Agreement governing collaboration between the authorities of the U.S.A. and UK in the matter of Tube Alloys")という。イギリスとアメリカは、「チューブ・アロイズ(原爆)を早期に実現するための計画」のためにリソースを共有することに同意した。

同意内容は下記の通り。

  • 我々はこの兵器をお互いに対して決して使用しない。
  • 我々はこの兵器を、第三の勢力に対して、お互いの同意なく使用しない。
  • 我々はチューブ・アロイズに関する情報を第三者に対して、お互いの同意なく公表することはない。

米英は調印により核兵器開発における相互の信頼関係を確立した。協定に基づいてイギリスはアメリカの核開発に全面協力し、その見返りとして大統領へ提出されるアメリカの核兵器開発の進捗報告の共有を受けた。イギリスの核開発研究は戦時中マンハッタン計画と統合され、イギリスとカナダの研究者チームはアメリカに渡り同計画に参加した。

この協定に基づき、米英加の代表からなる核兵器開発の監督、調整のための合同政策委員会(Combined Policy Committee)が設立された。この合意によって、米国はイギリス・カナダに対して原子力分野における「戦後の工業的あるいは商業的な領域における優越」的地位を獲得した。「工業的あるいは商業的」の定義に「軍事的」の語義が含まれているかは文章から明確に読み取ることができなかったため、当然に軍事的分野においても優越的地位を有すると解釈したアメリカに対して、イギリスは不快感を示したがもはや米国の優位を崩すことはできなかった。

ケベック協定は必ずしも忠実に運用されたわけではない。1944年にイギリスがフランスとの間で原子炉・核開発分野における秘密協定を結んだ時が、この協定における最大の危機であった。フランスは原子炉開発において先進的であったため、その技術と引き換えに核関連情報を得るべくイギリスと秘密協定を結んだ。この秘密協定によって、フランス大学が有する原子炉に関連する多数の特許をイギリスに無償で提供する代わりにマンハッタン計画によって得られた核関連の情報がフランスに渡ることになっていた。これがアメリカの知るところとなると米国政府はイギリスに対してケベック協定の内容、具体的には、協定国の同意なく第三者に情報を提供することを禁止する条項に反すると強く反対した。ケベック協定に違反することでマンハッタン計画から排除されることを恐れたイギリスのチャーチルは、結局アメリカの要求を受け入れてフランスとの協定を破棄する政治判断を下した。

ケベック協定によってイギリスは戦後も引き続きマンハッタン計画に参加し続け核兵器開発に関する情報を蓄積したが、結局はアメリカの核兵器研究から締め出されたことから、再び独自の核兵器開発計画へと舵を切り、ケベック協定はその役割を終えた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]