ケプラー32

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケプラー32
Kepler-32
星座 はくちょう座
視等級 (V) 12.757±0.024(K-band)[1]
15.801(Kepler-band)[2]
変光星型 食変光星
分類 赤色矮星
軌道の種類 銀河系を周回する周回軌道
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 19h 51m 22.18s[1][2]
赤緯 (Dec, δ) +46° 34′ 27.41″[1][2]
視線速度 (Rv) -32.5±0.5 km/s[1]
固有運動 (μ) 20.0 mas[1]
距離 987.78±45.64光年
(303±14パーセク[1])
物理的性質
半径 0.53±0.02 R[1]
質量 0.54±0.02 M[1]
表面重力 4.74 cgs[1]
スペクトル分類 M1V[1]
表面温度 3793+80
−74
K[1]
金属量[Fe/H] -0.01±0.09 dex[1]
年齢 >2 Gyr[1]
別名称
別名称
KOI-952[1]
KIC 9787239[1]
Template (ノート 解説) ■Project
大きさの比較
太陽 ケプラー32
太陽 Exoplanet

ケプラー32英語:Kepler-32)は地球からはくちょう座の方向に、約1000光年先にあるスペクトル型M1V型の赤色矮星である。

惑星系[編集]

2012年ケプラー宇宙望遠鏡の観測により5つの太陽系外惑星が発見された。最初にケプラー32bケプラー32cが発見された。ケプラー32bは地球の2.25倍の半径を持ち、恒星から0.05AUの距離を6日で公転している。ケプラー32cは地球の2.02倍の半径を持ち、恒星から0.09AUの距離を8.7日で公転している。その後、さらに新たにケプラー32dケプラー32eケプラー32fが発見された。eとfは半径がそれぞれ、地球の1.5倍、0.81倍しかない為、地球のような岩石惑星である可能性が高い。

ケプラー32の惑星[1][2]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
f 0.013±0.0002 0.74296±0.00007 66.46° 0.81±0.05 R
e 0.0323±0.0005 2.896±0.0003 89.95° 1.5±0.1 R
b <4.1 MJ 0.05 5.90124±0.0001 89.95° 2.25±0.11 R
c <0.5 MJ 0.09 8.7522±0.0003 87.66° 2.02±0.11 R
d 0.128±0.002 22.7802±0.0005 89.95° 2.7±0.1 R

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p NASA Exoplanet Archive--Planet Host Overview page:Kepler-32”. NASA Exoplanet Archive. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ a b c d NASA Kepler Discoveries Table”. NASA (2015年7月23日). 2015年9月4日閲覧。

関連項目[編集]