グンナー・ヨハンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グンナー・ヨハンセンGunnar Johansen, 1906年1月21日 - 1991年5月25日)は、アメリカ合衆国ピアニスト作曲家

1906年1月21日デンマークコペンハーゲンで音楽家の家系に生まれ、幼少時より父親から手ほどきを受けた。

1918年にコペンハーゲンでデビューを飾った後、ベルリンに留学し、フェルッチョ・ブゾーニのサークルに参加した。そこではブゾーニ門下のエゴン・ペトリから指導を受けた。その後、フレデリック・ラモンドエトヴィン・フィッシャーの薫陶を受けた。1922年にはベルリン高等音楽院に入学し、ペトリの元で研鑽を重ね、1924年に卒業している。

卒業と同時にヨーロッパ中を演奏して周ったが、1929年には渡米し、カリフォルニアでのNBCのためのコンサートを皮切りに、旺盛な演奏活動を展開した。また、ウィスコンシン大学マディソン校の専属アーティストとなり、ヨハン・ゼバスティアン・バッハヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンヨハネス・ブラームスフランツ・リストフレデリック・ショパンアルノルト・シェーンベルクらの作品を積極的に紹介し、特にドイツ音楽の権威としての名声を確立した。

晩年に至るまで旺盛な音楽活動を展開していた。1991年5月25日にウィスコンシン州ブルーマウンズにて死去[1]

  1. ^ [1]