エトヴィン・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エトヴィン・フィッシャー
Fritz Tennigkeit Edwin Fischer, 1939.jpg
エトヴィン・フィッシャー
基本情報
出生名 Edwin Fischer
生誕 1886年10月6日
出身地 スイスの旗 スイスバーゼル
死没 (1960-01-24) 1960年1月24日(73歳没)
スイスの旗 スイスヘルテンシュタイン
職業 ピアニスト指揮者
担当楽器 ピアノ・指揮
レーベル EMI

エトヴィン・フィッシャーEdwin Fischer, 1886年10月6日 - 1960年1月24日)は、スイス出身、主にドイツで活躍した名ピアニストで、すぐれた指揮者教育者でもあった。

経歴[編集]

バーゼルに生まれ、同地でハンス・フーバーに師事、1904年にベルリンに移り、シュテルン音楽院マルティン・クラウゼに学んだ。したがってクラウディオ・アラウとは同門ということになる。翌年には早くも同校の教授となり、1914年まで勤めた。後にはベルリン高等音楽院の教授にも就任している。

指揮者としては、1926年リューベックの管弦楽団、1928年からはミュンヘンのバッハ協会を指揮、さらに自ら室内管弦楽団を結成しその指導にあたり、協奏曲の演奏では独奏を兼ねながら指揮をする、いわゆる「弾き振り」と呼ばれる演奏習慣を復活させた。

フィッシャーは、オーケストラを前にしてハイドンかモーツァルトの交響曲を指揮し、協奏曲で前述の通り指揮と独奏を担当するというプログラムのコンサートをしばしば行ったが、1938年から戦後にかけてのザルツブルク音楽祭におけるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との共演は、音楽祭の恒例行事となった[1]。フィッシャーは人間的にも音楽的にもウィーン・フィルのメンバーを魅了し、同オーケストラの第2ヴァイオリン首席奏者を務めたオットー・シュトラッサーは「もしかしたら、聴衆たちよりも私たちにとって、いっそう大きな歓喜であったと思われる」と述べている[1]

1942年には母国に帰り活動を続け、ヘルテンシュタインの自宅で73年の生涯を閉じた。

他の音楽家との交流[編集]

同時代の音楽家とも深い交友関係を持ち、ピアニスト仲間のアルフレッド・コルトーヴァルター・ギーゼキングとは相互に信頼と尊敬を抱く仲だった。指揮者のヴィルヘルム・フルトヴェングラーも親友であり、共演を重ねた。ヴァイオリニストのゲオルク・クーレンカンプとチェリストのエンリコ・マイナルディとはトリオを結成、クーレンカンプ没後はヴォルフガング・シュナイダーハンが加わった。

教育活動[編集]

教育者としても豊かな素質・人間性を持った傑出した人物で、パウル・バドゥラ=スコダダニエル・バレンボイムアルフレート・ブレンデルなど数多くの名ピアニストを育てたことでも知られている。

評価[編集]

フィッシャーは、良きヨーロッパの伝統を20世紀に伝えた存在であった。温かく、心のこもった内面的な演奏は深い音楽性を湛えていた。技巧的な問題点を指摘されることもあったが、楽曲の本質的な精神を把握することにかけては無類の存在であって、非常に高い尊敬を集めた。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの演奏では同時代の第一人者で、『平均律クラヴィーア曲集』の全曲録音を1933年から1936年にかけて、世界で初めて行った。その他、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトベートーヴェンフランツ・シューベルトヨハネス・ブラームスなどのドイツ古典音楽を得意としていた。

著作[編集]

著作の訳書に『音楽観想』(佐野利勝訳、みすず書房「みすずライブラリー」 1999年)がある。

参考文献[編集]

  • オットー・シュトラッサー『前楽団長が語る半世紀の歴史 栄光のウィーン・フィル』ユリア・セヴェラン訳、音楽之友社、1977年。

脚注[編集]

  1. ^ a b シュトラッサー (1977)、158頁。