グリソンモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グリソンモドキ
Lyncodon patagonicus1.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
亜目 : イヌ型亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
上科 : イタチ上科 Musteroidea
: イタチ科 Mustelidae
: グリソンモドキ属 Lyncodon
Gervais, 1845
: グリソンモドキ L. patagonicus
学名
Lyncodon patagonicus
(Blainville 1842)
シノニム

Mustela patagonica Blainville, 1842

亜種
  • L. p. patagonicus Blainville, 1842
  • L. p. thomasi Cabrera, 1928
Patagonian Weasel area.png
分布域

グリソンモドキ(Patagonian weaselまたはhuro)は、イタチ科の小型の哺乳類で、グリソンモドキ属の唯一の種である[2]

アルゼンチン西部のパンパチリの一部に分布する。ビーグル号でのチャールズ・ダーウィンの航海に同行したシムズ・コビントンによる論文でも言及されている。

記載[編集]

頭部を含めた体長は300-350mmで、尾の長さは60-90mmである。毛皮は白色であるが、黒色や濃茶色の色調が混じっている。耳は小さく、脚は短く、尾はふさふさしている。野生では完全に研究されておらず、行動パターンはよく分かっていない。地元の農場経営者は、ネズミの撃退のためにペットとして飼っていると言われている。

出典[編集]

  1. ^ Kelt, D.; Pardiñas, U.; Schiaffini, M.; González-Maya, J.F. (2016). Lyncodon patagonicus. IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T41647A45212747. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T41647A45212747.en. https://www.iucnredlist.org/species/41647/45212747 2021年11月12日閲覧。. 
  2. ^ Wozencraft, W.C. (2005). "Order Carnivora". In Wilson, D.E.; Reeder, D.M (eds.). Mammal Species of the World: A Taxonomic and Geographic Reference (3rd ed.). Johns Hopkins University Press. p. 608. ISBN 978-0-8018-8221-0. OCLC 62265494

外部リンク[編集]