グスタボ・ピッタルーガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グスタボ・ピッタルーガGustavo Pittaluga González del Castillo, 1906年2月8日 - 1975年)は、スペイン作曲家

マドリード出身。父親はイタリア出身の医師でスペインに帰化した。法律と音楽を学び、マヌエル・デ・ファリャから大きな影響を受けた。1930年フランス6人組にならって、サルバドール・バカリッセフリアン・バウティスタホアン・ホセ・マンテコンフェルナンド・レマーチャローサ・ガルシア・アスコートロドルフォ・アルフテルエルネスト・アルフテルらとともにスペイン8人組を結成した。

しかしスペイン内戦の結果、メキシコに逃れた。メキシコでは映画音楽を作曲し、ルイス・ブニュエル監督の映画『忘れられた人々』や『ビリディアナ』の音楽を担当した。1962年に帰国し、マドリードで政治から離れた生活を送った。

作風は最初はファリャの影響を受けていたが、その後イーゴリ・ストラヴィンスキーやフランス6人組の影響を受けて、20世紀のスペインにおける新古典主義音楽の代表者となった。また18世紀の作曲家ドメニコ・スカルラッティマテオ・アルベニスの作品を研究し、その成果はギター曲『マテオ・アルベニス賛歌』にあらわれている。その他の作品には軍隊協奏曲、小組曲などがある。

文献[編集]

外部リンク[編集]