コンテンツにスキップ

クワイエット・プレイス:DAY 1

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クワイエット・プレイス:DAY 1
A Quiet Place: Day One
監督 マイケル・サルノスキ英語版
脚本 マイケル・サルノスキ
原案 ジョン・クラシンスキー
マイケル・サルノスキ
製作 ジョン・クラシンスキー
マイケル・ベイ
アンドリュー・フォーム
ブラッド・フラー
製作総指揮 アリソン・シーガー
ヴィッキー・ディー・ロック
制作会社 プラチナム・デューンズ
サンデー・ナイト・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗パラマウント・ピクチャーズ
日本の旗東和ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗2024年6月28日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
アメリカ手話
前作 クワイエット・プレイス 破られた沈黙
テンプレートを表示

クワイエット・プレイス:DAY 1』(原題:A Quiet Place: Day One)は2024年米公開予定のアメリカ合衆国ホラー映画であり、2018年に公開されたホラー映画『クワイエット・プレイス』シリーズの前日譚を描くスピンオフ作品である。監督はマイケル・サルノスキが務める。

前2作で監督・脚本・製作/製作総指揮を務めたジョン・クラシンスキーは製作に就いているが、出演はしない。

あらすじ

その日、サミラは、唯一の家族である猫のフロドを抱え、大都会ニューヨークにやってきた。だが賑やかなこの街の日常風景をいきなり壊滅させる出来事が待っていた。サミラが空を見上げると、そこにはいくつもの火球が地上に落ちてくるように見えた。そして次の瞬間、街を行き交う人々に空からやってきた謎の生命体が次々と襲いかかり、あっという間に殺害していく。阿鼻叫喚の地獄絵図が展開する中、フロドを抱いたまま逃げ惑うサミラ。その時、彼女はやはり一人でNYを訪れていたエリックと偶然知り合い、協力して逃げることにする。謎の生物は軍の攻撃もものともせず、何とか危険なNYを脱出しようとする2人は、その途中で、クリーチャーから身を隠すアンリらと出会い、この生物がわずかな音に反応して襲いかかってくることがわかってくる。しかしNYで完全に音を出さずに移動することはほぼ不可能。果たして彼らは絶体絶命の事態を生き延びることができるのか?  

キャスト

サミラ
演 - ルピタ・ニョンゴ[1]
エリック
演 - ジョセフ・クイン
ルーベン
演 - アレックス・ウルフ
アンリ
演 - ジャイモン・フンスー

出典

外部リンク