クロタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロテイルから転送)
Jump to navigation Jump to search
古代ギリシアの大理石に書かれた演奏者の書き写し[1]

クロタルクロテイル体鳴楽器に分類される打楽器の一種。欧米語では「鉄のカスタネット」とも呼ばれる。直径数cmの小さな一対のシンバルフィンガーシンバル)を、曲げた針金かパンばさみのようなものの先に取り付け、片手で演奏できるようにしたものである。古代ギリシャローマ時代にさかのぼる楽器である。

古代ギリシャや他の地域においては、コリュバンテス英語版等の宗教舞踏に用いられた[2][3]

各言語の表記[編集]

ギリシャ神話において、ヘーラクレースステュムパーリデスの鳥を驚かすのに、ヘーパイストスが作った青銅製のクロタラムを使用した記述がある[5][6]

krotalonという語は、やかましい人の暗喩として使用された[7]

誤解[編集]

モーリス・ラヴェルアンティークシンバルのことを“クロタル”と呼んだため、アンティークシンバルをクロタルもしくはクロテイルと呼ぶことも多いが、クロタルとアンティークシンバルは別の楽器である。

エジプトの宗教楽器シストラムと、しばしば混同される。

参考資料[編集]

『打楽器事典』61頁、音楽之友社、網代景介・岡田知之著、1981年

出典[編集]

  1. ^ Spon's Miscellanea sec. i art. vi fig. 43
  2. ^ この記事には現在パブリックドメインとなった次の出版物からの記述が含まれています。  Porter, Noah, ed. (1913). "要Webster項目名". Webster's Dictionary. Springfield, Massachusetts: C. & G. Merriam Co. 
  3. ^ "crotalum". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005.  (Subscription or UK public library membership required.)
  4. ^ κρόταλον. Liddell, Henry George; Scott, Robert; A Greek–English Lexicon at the Perseus Project.
  5. ^ Pausan. Arcad. lib. viii
  6. ^ Wilkinson, John Gardner (1878). The Manners and Customs of the Ancient Egyptians. Vol 1. London: John Murray. p. 494.
  7. ^ PD-icon.svg この記事には現在パブリックドメインである次の出版物からのテキストが含まれている: Smith, William, ed. (1870). "要記事名". Dictionary of Greek and Roman Antiquities. London: John Murray. 

関連項目[編集]