クロックワイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロックワイズ
出身地  スウェーデン
ジャンル ハードロック
活動期間 1995年 -
レーベル ポニーキャニオン, Empire Records
旧メンバー ベニー・スドベリ
ヤン・グランウィック
ジョン・レヴィン
イアン・ホーグランド
フレデリック・オーケソン

クロックワイズCLOCKWISE)は、スウェーデンハードロック・バンドFORTUNEのメンバー、ベニー・スドベリのソロ・プロジェクト。北欧的な悲哀に満ちたメロディ満載のハードロック・サウンドで日本でも人気があった。1990年代後半にアルバムを2枚発表した後、活動停止状態になっている。尚、CLOCKWISEには同名のバンドが他にも存在する。

バイオグラフィ[編集]

このプロジェクトの主、ベニー・スドベリ1988年から活動していたバンド、FORTUNEで1992年にデビューした。FORTUNEのデビュー作は、日本でも1993年ゼロ・コーポレーションからリリースされ、その叙情的なサウンドが大きな話題となった。FORTUNEは1995年までに3枚のアルバムを発表し、1994年5月にはグレン・ヒューズの前座ながら来日公演も実現した。

しかし、ベニーは次第に 「自分ひとりで何でも自由にやりたい」 という気持ちが強くなり、FORTUNEの活動を凍結し、新たなプロジェクトとしてCLOCKWISEをスタートする。作詞/作曲/キーボード/プロデュースはすべてベニーが担当し、ギターには旧知のヤン・グランウィック(GLORY)を、リズム隊はFORTUNEの来日公演時のメイン・アクトだったグレン・ヒューズのバンドでのタイトなプレイを見て感銘を受けた元ヨーロッパジョン・レヴィンイアン・ホーグランドを起用した。そうして出来上がった『北欧のノスタルジア』は、ベニーの思い通りのサウンドに仕上がり、FORTUNEのデビュー作を思わせる内容で日本のファンにも歓迎されて、オリコンでは73位に達した[1]

続く2作目は、ヤン・グランウィックがレコード会社との契約上の理由で参加できなかったため、 代わりにフレデリック・オーケソン(元タリスマン)を起用した。 しかし、セカンド・アルバム『ナイーヴ』は大きな話題にはならなかった。その後、ベニー・スドベリが3作目の製作に入ったとの情報もあったが、CLOCKWISEは自然消滅のような形で消えてしまった。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1997年 NOSTALGIA/北欧のノスタルジア(ポニーキャニオン
  • 1998年 NAIVE/ナイーヴ(ポニーキャニオン)

参加ミュージシャン[編集]

ファースト・アルバム
セカンド・アルバム
  • ベニー・スドベリ (ヴォーカル、キーボード)
  • フレデリック・オーケソン (ギター)
  • ジョン・レヴィン (ベース)
  • イアン・ホーグランド (ドラムス)

その他[編集]

  • 2004年頃まではCLOCKWISEのホームページが存在していたが、いつのまにか閉鎖されてしまった。
  • そのホームページ上には 「新作の製作中」 という情報が掲載されていたが、その後の情報は伝わってきていない。

関連作品[編集]

FORTUNE
  • 1992年 MAKING GOLD/メイキング・ゴールド(ゼロ・コーポレーション
  • 1994年 CALLING SPIRITS/コーリング・スピリッツ(ゼロ・コーポレーション)
  • 1995年 LOAD OF FLIES/ロード・オヴ・フライズ(ゼロ・コーポレーション)

※FORTUNE (フォーチュン)には他に多数の同名グループが存在する。 これはスウェーデンのFORTUNE。

脚注[編集]