クロゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crozon
COA fr Crozon.svg

Église Saint-Pierre à Crozon, Finistère 02.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ブルターニュ地域圏Blason region fr Bretagne.svg
(département) フィニステール県Blason Finistère 29.svg
(arrondissement) シャトーラン郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 29042
郵便番号 29160
市長任期 ダニエル・モワサン
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes de la presqu'île de Crozon
人口動態
人口 7 809人
2009年
人口密度 97人/km2
住民の呼称 Crozonnais, Crozonnaise
地理
座標 北緯48度14分45秒 西経4度29分15秒 / 北緯48.245834度 西経4.4875度 / 48.245834; -4.4875座標: 北緯48度14分45秒 西経4度29分15秒 / 北緯48.245834度 西経4.4875度 / 48.245834; -4.4875
標高 平均:m
最低:0m
最高:102 m
面積 80.37km2
Crozonの位置(フランス内)
Crozon
Crozon
公式サイト Site officiel de la commune
テンプレートを表示

クロゾン (Crozon、ブルトン語:Kraozon)は、フランスブルターニュ地域圏フィニステール県コミューン

地理[編集]

モルガの海水浴場

クロゾンは、クロゾン半島の中心に位置する小郡庁所在地である。半島の面積の大部分がクロゾンで、155箇所の地区や集落を含んでいる。その中には南のリゾート地・モルガ、北はマリーナのあるル・フレがあり、ブレスト港を見下ろしている。

モルガ湾の東側の境はクロゾン市街、西はカゾール岬である。かつてのモルガ港はマグロやイワシの水揚げがされる港だった。漁業資源の枯渇によって、漁港からマリーナに変貌した。

由来[編集]

クロゾンという名称のブルトン語の語源は不明である。クロゾンは『石』を意味するcarに基づいている(11世紀はCrauthon、12世紀にはCraothonと呼ばれていた)。これは実際にクロゾンのある場所の地質学的特徴に由来する。その後、言語学者ベルナール・タンギは『隆起する』を意味するKrugまたはKrugellを提唱した。すなわち『高地』である。

歴史[編集]

ロスマールのメンヒル

ロスマールの巨石記念物、そしてTy-ar-C'huréは先史時代の建造物である。ロスマールの岬砦は、実際に鉄器時代に人が定住した跡であり、その後ガリアやケルトの人々の避難所として役立っていた。この原史時代の砦は、2つの巨大な堤防で構成され、おそらく溝を囲んで塀が建てられていた[1]。これらの防御施設を背後に住民は、敵の攻撃を受けると避難していたのである[2]

1543年、ブルターニュ防衛のためやってきたロアン公爵ルネ2世に同行してきたフランス王室のお抱え外科医、アンブロワーズ・パレは、『人々は武装し、あちこちで警鐘が鳴っていた』と記している。人々はイングランド軍上陸の脅威を何とか退けたのだった。ブルターニュで彼は、ブルトン人のレスリングの説明を受ける機会を得ている[3]

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2010年
6741 6895 7297 7525 7705 7535 7684 7809

参照元:1999年までEHESS[4]、2000年以降INSEE[5][6]

ブルトン語[編集]

2007年の新学期において、コミューンの児童4.1%が二言語学校に在籍していた[7]

姉妹都市[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]