クレメンシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クレメンシー(日本語タイトル未定)
Clemency
監督 チノナイ・チュクー
脚本 チノナイ・チュクー
製作
製作総指揮
出演者
音楽 キャスリン・ボスティック
撮影 エリック・ブランコ
編集 フィリス・ハウゼン
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗ネオン
公開 アメリカ合衆国の旗2019年12月27日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

クレメンシー』(原題:Clemency)は2019年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はチノナイ・チュクー、主演はアルフレ・ウッダードが務めた。

概略[編集]

バーナディン・ウィリアムズは長らく刑務所長を務めており、死刑の執行に立ち会っていた。死刑執行中、バーナディンは何があろうとも毅然とした態度を貫いていたが、帰宅した途端、精神的な苦痛と疲労が一気に噴出するのだった。そんな生活を長期にわたって続けた結果、バーナディンの精神はボロボロになっており、夫婦仲にもひびが入っていた。

そんなある日、バーナディンはアンソニー・ウッズという囚人の死刑を執行するよう命じられた。アンソニーの弁護士は冤罪を主張しており、その主張が正しければ、アンソニーの死刑を執行することは無実の人を殺すことに外ならなかった。ここに至り、バーナディンは職責を果たさねばという思いと死刑に対する疑念の間で葛藤することになった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年3月9日、アルフレ・ウッダード、オルディス・ホッジ、リチャード・シフが本作に出演することになったとの報道があった[1]。同日、キャスリン・ボスティックが本作で使用される楽曲を手掛けると報じられた[2]

公開・マーケティング[編集]

2019年1月27日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[3]。同映画祭で、本作はグランプリ(ドラマ部門)に輝いたが、アフリカ系女性監督の作品がグランプリを受賞するのは史上初の快挙であった[4]。2月27日、ネオンが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[5]。9月13日、本作は第44回トロント国際映画祭で上映された[6]。19日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[7]。10月18日には、サンディエゴ国際映画祭で本作の上映が行われた[8]

評価[編集]

批評家からの評価[編集]

本作は批評家から絶賛されているが、特に、アルフレ・ウッダードの演技に対しては惜しみない賛辞が送られている[9]。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには45件のレビューがあり、批評家支持率は98%、平均点は10点満点7.92点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『クレメンシー』は深刻な社会問題を掘り下げ、観客の心を掴むドラマ―アルフレ・ウッダードをはじめとする出演者の名演技によって命が吹き込まれている―を生み出している。」となっている[10]。また、Metacriticには10件のレビューがあり、加重平均値は75/100となっている[11]

受賞[編集]

発表日 カテゴリ 対象 結果 Ref(s)
サンダンス映画祭 2019年2月2日 グランプリ(ドラマ部門) チノナイ・チュクー 受賞 [12]
シアトル国際映画祭 2019年6月9日 女優賞 アルフレ・ウッダード 次点 [13]
男優賞 オルディス・ホッジ 4位 [13]
フィラデルフィア映画祭 2019年10月17日 地元映画賞 チノナイ・チュクー 受賞 [14]
ゴッサム・インディペンデント映画賞 2019年12月2日 女優賞 アルフレ・ウッダード ノミネート [15]
男優賞 オルディス・ホッジ ノミネート [15]
インディペンデント・スピリット賞 2020年2月8日 主演女優賞 アルフレ・ウッダード 未決定 [16]
脚本賞 Chinonye Chukwu 未決定 [16]
作品賞 ティムール・ベクマンベトフ、ジュリアン・コーザリー、ブロンウィン・コーネリアス、ピーター・ワン 未決定 [16]

出典[編集]

  1. ^ Alfre Woodard, Aldis Hodge, Richard Schiff To Star In Indie Drama ‘Clemency’ From Chinonye Chukwu”. Deadline.com (2018年3月9日). 2019年12月18日閲覧。
  2. ^ Kathryn Bostic to Score Chinonye Chukwu’s ‘Clemency’”. Film Music Reporter (2018年3月9日). 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ Sundance Unveils Politics-Heavy Lineup Featuring Ocasio-Cortez Doc, Feinstein Drama”. Hollywood Reporter (2018年11月28日). 2019年12月18日閲覧。
  4. ^ Sundance: ‘Clemency’ Filmmaker Chinonye Chukwu Is First Black Woman to Win Biggest Prize”. Indiewire (2019年2月3日). 2019年12月18日閲覧。
  5. ^ Chinonye Chukwu’s Sundance Grand Jury Prize Winner ‘Clemency’ Acquired By NEON”. Deadline.com (2019年2月27日). 2019年12月18日閲覧。
  6. ^ Clemency”. TIFF. 2019年12月18日閲覧。
  7. ^ ‘Clemency’ Trailer: Alfre Woodard Stars As Conflicted Prison Warden In Sundance Award Winning Film”. Deadline.com (2019年9月19日). 2019年12月18日閲覧。
  8. ^ 2019 San Diego Intl Film Festival”. サンディエゴ国際映画祭. 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ ‘Clemency’ Review: Alfre Woodard Is Brilliant in Must-See Prison Drama — Sundance”. Indiewire (2019年1月28日). 2019年12月19日閲覧。
  10. ^ Clemency”. Rotten Tomatoes. 2019年12月19日閲覧。
  11. ^ Clemency (2019)”. Metacritic. 2019年12月19日閲覧。
  12. ^ Debruge, Peter (2019年2月2日). “Sundance Winners: Clemency, One Child Nation Take Top Honors”. Variety. 2019年2月3日閲覧。
  13. ^ a b SIFF 2019 Award Winners”. SIFF. 2019年7月10日閲覧。
  14. ^ 2019 Philadelphia Film Festival: Full lineup revealed”. 6abc Philadelphia (2019年10月18日). 2019年12月18日閲覧。
  15. ^ a b Gotham Awards: 'Marriage Story,' 'The Farewell,' 'Uncut Gems' Lead Nominations”. The Hollywood Reporter. 2019年12月18日閲覧。
  16. ^ a b c 2020 Independent Spirit Awards Nominees: ‘Marriage Story,’ ‘Uncut Gems,’ and More” (2019年11月21日). 2019年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]