クルースニク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルースニクKresnik)は、スロベニアイストリア半島に住むスラブ人の間に伝わる吸血鬼ハンター。語源は十字架を意味する「Krat」。ハンガリーではタルボシュ(Talbos)と呼ばれる。

概要[編集]

クルースニクは、同じ吸血鬼ハンターのダンピールと違って人間の子供である。ただし、白い羊膜に包まれて生まれてくる。そして、赤い羊膜に包まれて生まれてくる吸血鬼クドラク(Kudlak)との戦いを宿命としており、村や町ごとにクルースニクがいる。

普段は凛とした青年の姿をしているが、クドラクと戦う際は互いになどに変身して戦う。この時、クルースニクが化けている動物は白いので、簡単にクドラクとの見分けがつく。戦闘時は自分が生まれた時に自分を包んでいた白い羊膜の一片を左脇の下に付着させておくか、その白い羊膜を粉末状にして液体に溶かしたものをあらかじめ飲んでおかないと、クドラクには勝てない。

スラブ地方ではこのクルースニクに纏わる話は様々なバリエーションがあると言われている。例えば上記とは違い神の敵は真の光の使者を倒すことは出来ないため、スルーニスクは常にクドラクに勝利するが出来ると言われている伝承がある。[1]

クドラク[編集]

黒いの姿をしており、真の正体は悪の魔術師であるとされる。悪疫や凶作の原因とも考えられていた。

確実に絶命させるためには、セイヨウサンザシで作った杭によって串刺しにするか、膝下の腱を切断した後に埋葬する必要がある。この処置を怠ると、さらに強力な怪物となって蘇る。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マシュー・バンソン著 松田和也訳『吸血鬼の事典』青土社1994年